あらうんどらない

旅人初心者カップルが3年間世界一周。

旅人さーん!旅に行けない今なにしてる?

 

こんにちは、AroundRuのkaoriです。

 

 

世界一周に3年かけて行く予定でしたが、半年で帰国、旅に出たくてウズウズする気持ちもありますが、

 

最近は、動画編集が楽しすぎて、日々あっという間にすぎていきます!

 

f:id:aroundranai:20200530232139p:image

 

再出発の時は、vlog を始めるべく、動画編集修行中です!

 

今回UPしたのは、


【EOSkissx9】カップル動画編集バトル 〜ふわとろフレンチトーストを作ってみた〜

 

 

 

日常の何気ない、フレンチトーストづくりを題材にカップルで動画編集バトルしました。

 

 

動画撮影や、動画編集に役立つ小技についてゆる〜く解説しています

 

動画編集バトルはお互いの動画技術や感性を学べる最高の練習です!

 

動画編集していて、誰かと見せ合うとめっちゃ短期間で動画編集技術が上がることを実感しています。

 

今回がはじめてのYouTube動画編集だった私てすが、15分の動画の中で地味に上達していると思います。わら

 

そんな地味な成長を温かく見守ってやってください。

 

夢中で編集して、15分動画にかけた編集時間は5日間。何回も白目むきなから編集しました。

 

チャンネル登録、コメントいただけたら、嬉しいです(^^)

 

 

 

今後シリーズ化予定なので、乞うご期待!

 

Canon EOS kiss x9 ズームキット使用】

 

f:id:aroundranai:20200530232242j:image

 

 

 

【about us】

 

海外で役立つ情報を発信中 世界一周blog🌍 https://aroundruworld.com

 

Tomoki 個人Blog https://aroundru.hatenablog.com/

 

 

 

 

おうちで、アジアン気分を味わうの会。

こんにちは。本題の前に、、、

 

世界一周中でしたが、4月始めに日本に帰国しました。

 

もともと4月後半に帰国する予定だったのですが、帰国便の相次ぐキャンセル・今後もフライトが制限されるだろうという中で、予定を早めて帰国しました。

 

世界一周に行くときは考えてもなかった、帰国でしたが、

 

あくまで『一時帰国』です。

 

また、自分も周りの人も安全に過ごせる日が来たら、『再出発』します。

 

 

 

再出発に向けて、世界一周ブログ新しくしました!

旅に役立つ情報ブログを目指します〜

aroundruworld.com


 

バンコクでiPhone11proを購入して、動画撮影・編集に目覚めた彼tomokiと、

YouTubeも始めたのでぜひ!

 

\こちらからどうぞ/

www.youtube.com

 

前置きが長くなりましたが、

 

帰国してしばらくは、日本食のおいしさに感動していた私でしたが、いつの間にか

 

訪問した国の料理をどうしても食べたくなるようになりました。

 

ということで、再現レシピ会を開くことにしました(^^)

 

1つ目は、日本で手に入る食材で完結!『ベトナム風ヨーグルトコーヒー』。

 

2つ目は、タイの黒醤油(シーユーダム)を使った、黒醤油チャーハンです。←次回記事にしていきます。

 

日本で手に入る食材で完結!『ベトナム風ヨーグルトコーヒー』

 

ベトナム・ヨーグルトコーヒーとは?

 

まず、ヨーグルトコーヒって何?という感じですよね。

 

 

隠れたコーヒー大国のベトナムで、カフェ巡りをした私たちが特に衝撃的だったのが、

ヨーグルトコーヒーです。 

 

いただいたのは、ベトナムにあるコーヒーチェーン店の、

コンカフェのヨーグルトコーヒー。

 

ここのヨーグルトコーヒーは濃厚なチーズケーキに薄っすらコーヒーを混ぜているような味で、まるでティラミスでした!

 

左がヨーグルトコーヒー、右がココナッツコーヒー

f:id:aroundranai:20191113191645j:image

ヨーグルトがジャリジャリのシャーベットになっていて、蒸し暑いベトナムの散歩のおともに最高です。

 

f:id:aroundranai:20191113191640j:image

ハノイ大聖堂近くにも店舗あり、観光ついでに訪れることができます。


f:id:aroundranai:20191113191636j:image

店内はこんな感じで、制服もベトナムの兵隊さん?をイメージしているよう。チェーン店とは思えないこだわりっぷり

 

 

 

f:id:aroundranai:20200507110632j:plain

 

日本で手に入る食材で完結!『ベトナム風ヨーグルトコーヒー』作り方

 

材料:インスタントコーヒー1杯分

           水60mlほど

   ヨーグルト100g(ビヒダスヨーグルトが酸味が少なくておすすめ)

   練乳大さじ1

   砂糖小さじ1

 

手順:1.ヨーグルト・練乳・砂糖を混ぜ、冷蔵庫に入れます。

 

   2.上記をたまにかき混ぜながら、シャーベット状にします。

f:id:aroundranai:20200507110624j:plain

   3.コーヒーを濃い目に淹れます(冷えてるとGOOD!)

 

   4.ヨーグルトシャーベットにコーヒーを入れ、混ぜながら飲みます。

f:id:aroundranai:20200507110632j:plain

今回は、ケメックスで淹れたコーヒーにしましたが、ベトナムはインスタントコーヒー大国なので、むしろインスタントコーヒーで作った方が、ベトナムらしさがでますよ〜

 

お味は、、、賛否両論あるかもしれません。

でも、はまる人はハマる。

 

毎日同じ料理ばかりで飽きた方、

旅に出たくても出られない方、

おうちでカフェ気分を味わいたい方、未体験のベトナム・ヨーグルトコーヒはいかがですか?

 

 

aroundranai.hatenablog.com

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

シノーケリング・絶景サンセット【プーケット・ヤヌイビーチ】でスローな旅 出費などまとめ。

 

プーケットに3週間滞在中のやん。です。

 

 

世界一周ブログ新しくしました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


小田原城散策 iPhone11pro 動画撮影

 

プーケットの南端にあるヤヌイビーチに、5泊してシュノーケリングとサンセット・サンライズを毎日眺めるという、スロー旅をしてきました。

 

f:id:aroundranai:20200329164337j:image

↑シュノーケル2日目に見つけた、コモンウミウシ。か、可愛すぎます。

 

 

ヤヌイビーチで出来ること  

 

  1. シュノーケリングカヤック、SUP、釣り
  2. ビーチ、サンセット
  3. 星やトリック写真撮影。
  4. 朝日ランニング
  5. ビーチコーミング
  6. 動物と戯れる

 

 

シュノーケリングカヤック、SUP、釣り

 

滞在中はほぼ毎日、シュノーケリングをしてました。

 

私たちは、シュノーケリングばっかしてましたが、同じところでカヤックやSUPのレンタルも。

f:id:aroundranai:20200329164827j:image

 

クマノミちゃんも、いろんな種類がいました。


f:id:aroundranai:20200329164820j:image

 

こんなサンゴが綺麗な場所も。
f:id:aroundranai:20200329164815j:image

 

シュノーケリングツアーに参加しても、移動時間がほとんどであまり海をじっくり見ることができないこともありました。

 

そういう意味で、ビーチエントリーできて自分の好きな場所で好きなだけシュノーケリング出来るヤヌイビーチは最高でした。

f:id:aroundranai:20200329164806j:image

 

毎日シュノーケリングしていると、1日の中の海の変化(潮の満ち引き)、透明度、波の流れの変化も感じることができます。

 

しっかりスキンダイビングを習いに行きたい!と、またチャレンジしたいことが増えました。

 

 

あと、海の中で毎日同じ場所に同じクマノミがいると楽しくなりますね。なんだかどうぶつの森みたいな感じです。

 

f:id:aroundranai:20200329170440j:image

 

同じスポットで、ダイビングをしている人もいました。

 

 

 

ビーチから夕日

f:id:aroundranai:20200329164824j:image
 

タイにはオシャレなパッケージのビールがたくさん。コンビニでも買えます。f:id:aroundranai:20200329164833j:image

タイビールは、シンハーとチャーンだけではないです。タイ4回目の旅ですが、毎回新しいビールを見つけます。

 

 

ヤヌイビーチ隣のウィンドミルビューポイントでは、パラグライダーもできるよう。夕日を見ながら〜


f:id:aroundranai:20200329164809j:image

 

 

 

後は、タイno.1と言われる夕日を見たり、

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 

星やトリック写真撮影

 


f:id:aroundranai:20200329164829j:image

 

あたりに、繁華街がないからこそできる星空撮影。   

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 


朝日ランニング

f:id:aroundranai:20200329165107j:image

隣のナイハーンビーチまでランニング。

 

 

ビーチコーミング

 

f:id:aroundranai:20200329165046j:image

 

潮が引いた夕方は、貝拾いにもってこい。

眺めてるだけで楽しいです。f:id:aroundranai:20200329165101j:image

 

 

動物と戯れる

f:id:aroundranai:20200329165105j:image

 

ヤヌイビーチは少し田舎にあるので、野良犬や野良猫がたくさん。


f:id:aroundranai:20200329165041j:image

 

距離を取りながら毎日観察。

 

 

 

出費

 

5泊6日の出費は 2人で 29945円でした。約3万円。

1人1万5000円。

 

内訳  

  1. 宿泊費 12940円(5泊) 

  2.  食費  8114円           

  3. シュノーケリングレンタル(マスク+フィン) 4781円  

  4. 交通費 3712円 
  5. クリーニング 399円 

 

 

 

 

 宿泊費      1日あたり2600円  こちらに宿泊しました。

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 

食費  

 

1日一人あたり800円ほぼ、外食、テイクアウト。たまにビール。プーケットはタイの中では一番物価が高いです。

 

 

シュノーケリングレンタル(マスク+フィン) 

           

わたしは3日間レンタルし、Tomは4日間レンタルしました。1日あたり、683円/人

 

 

交通費    

  

カタビーチ ⇄ヤヌイビーチ 往復Grabの移動 +近くのビーチに行った時のGrab代

 

   

クリーニング代 

 

399円 1kgあたり、50バーツで、2.4kg分頼みました。

 

 

まとめ   

 5泊6日ヤヌイビーチ・スローライフ旅。約3万円でこれだけ自然を堪能することができました。

 

一人1日3000円。

 

もちろんタイにはもっと有名なダイビング スポットがあるし、短期旅行だったらなかなかヤヌイビーチには滞在しないだろうと思います。

 

でも、

 

  • 海外ノマド生活している方で、自然でゆっくりしたい方。→LCCを使えば4000円ほどでバンコクから移動できます。 
  • これから世界一周を考えている方。→プーケットなので基本的に便利で、旅初心者でも過ごしやすい上に、自由な旅をアレンジできるところがオススメです。

 

に、ぜひ訪れてほしい穴場でした。

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周、【プーケットの現状】雑記です

最近の旅について
 

 

今記事を書いているのが、2020年3月27日現在。日本国内でも外出自粛が要請されていますね。

 

f:id:aroundranai:20200327171745j:image

 

もともと、私たちの旅の予定では

 

プーケットの後はインドネシア・バリ島にいこうとしていたのですが、

 

インドネシア政府が、事実上外国人のビザなし滞在を禁止

(日本人がインドネシアに入国したい場合は、日本で新型コロナウイルスに罹患していないことを証明する書類「健康証明書」を最寄りの大使館に提出し、ビザを取得必要があります)

 

今タイにいる私たちには、

 

・日本で取得必要な健康証明書取得→不可 

 

プーケット→クアラルンプール→バリ行きの飛行機→欠航

 

となりました。

 

そもそもこの世界中が感染拡大を阻止しようと奮闘しているときに、移動を続けることで、自分だけでなく人の健康も危険に晒す恐れがある。

 

なので、私たちはプーケットに留まっています。

 

f:id:aroundranai:20200327171812j:image

 

正確には、タイで感染者がまだまだ少ない時期に、日本行きの航空券を購入したのですが、欠航になりました。

 

まあ、仕方がない。

 

とりあえず、来週にバンコクに移動し、しばらくAirbnbで予約したコンドミニアム

バンコク ノマドライフを再開して行く予定です。

 

 

3年間という長期間の世界一周を計画していたので、小休止。

 

旅は思う通りに行かないのが当たり前ですね、そこで予定をどんどん変えて対応していく。

 

旅を始める前は、予定を変更するのが本当に苦手(特に人との予定を変更するのが苦手だから、あまり予定を詰め込まなかったり)だったのですが、

 

旅で慣れたというか、なんというか。

なんでも慣れるって大切ですね。

 

他にも、この旅で慣れたのがヤモリやトカゲ。部屋にいても何も思わなくなりました。

f:id:aroundranai:20200327172034j:image

 

 

 

 

さて、タイの現状

 

ちなみにタイ国内の累計感染者数はタイ保健省の発表によれば、現在(2020年3月27日)1045人です。

 

 

感染者数がその国の安全性を表す全ての指標になるとは思いませんが、参考までに。

 

バンコクもロックダウン(飲食店は持ち帰りのみ、必要最低限のコンビニや薬局は営業中)されている状況で、タイの他の地域でも程度や期間の差はありますが、同様の措置が取られています。

 

プーケットの様子。

 

プーケットでも同じように、レストラン、屋台はテイクアウトのみ。

営業しているお店も半分程度です。

 

 

f:id:aroundranai:20200327171657j:image

 

 

もちろんマッサージ店や、ツアー会社はほぼ全てしまっています。

 

一応、プーケット県の定めたロックダウンの期間は3月31日までなので、店の張り紙には、3月31日までクローズと書かれているお店が多いです。

 

 

観光客が大半を閉めるプーケットでは体感、観光客が1/4でひっそりとしています。

 

 

 

その中でも多いのが、ロシアや欧州からの旅行者。みな、帰国予定の便が欠航になり長期滞在中です。

 

宿の隣のロシア人お父さんが、

素潜りで捕ったからと、

魚をくれたりもしました。たくましくすぎる。

 

f:id:aroundranai:20200327171226j:image

 

オーブンで焼いてあって、ソースがマヨネーズみたいな味で美味しかったな。

 

お裾分けのお裾分け。

f:id:aroundranai:20200327173130j:image

 

 

私たちもシュノーケリングしている時に見かけたけど、、、多分、この魚です。

 

f:id:aroundranai:20200327171346j:image

 

同じビーチで、コウイカもいたのでこれをイカ焼きにしたら、美味しいんだろうな〜と想像したり。

 

f:id:aroundranai:20200327171637j:image

 

 

 

プーケットでは、割と屋台よりも、店舗型が多いのですが、最近は屋台の店をよく見かけます。

f:id:aroundranai:20200327172156j:image

 

ココナツアイスの移動販売があったので、買おうとしたら、先に注文していたおじさんがおごってくれたり。ありがたいです。

 

しかも、ココナツアイスだけじゃなくって下にカオニャオも入っていて、すこし塩っぱさのあるもち米がいい感じです。

 

 

今日は、雑記記事でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

まるで、皇居?【プーケット・ランニングスポット】ナイハーンビーチ。

 

プーケット3週間滞在中の、やん。です。

 

世界一周ブログ新しくしました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


小田原城散策 iPhone11pro 動画撮影

 

 

海外に長期滞在していると困るのが、運動不足。

 

 

最近だと、ジム付きの高級リゾートに宿泊しないでも、

ジム付きのコンドミニアムを、Airbnbで借りたりできます。 

 

それでもせっかく、海外にいるのだから、海外を感じながらランニングしたいという人にオススメなのが、今回紹介するナイハンビーチです。

 

f:id:aroundranai:20200326184530j:image

 

 ナイハーンビーチって?

 

ナイハーンビーチは、プーケットの南側にあり、プーケット島でも随一の透明度といわれるビーチです。

 

f:id:aroundranai:20200326184750j:image

 

 

長さ1キロないほどですが、パトンビーチやカタビーチのような混雑もなく、穏やかなビーチが広がっています。

 

ビーチは、サラサラの砂で粒子も細かいので、素足のランニングにもぴったりの場所です(^^)

 

※ビーチランニングは朝がオススメ。

昼間は砂浜暑過ぎて走れません。

 

 

ヤヌイビーチもそうですが、ロシア系の人の宿泊率高めです。

 

 

自分の知らない言語が周りで聞こえると、異国に来たな〜と感じます。リゾートに行くと、日本人ばっかりで、なんだかガッカリ、、、という人にも  ナイハーンビーチの環境はオススメです。

 

 

まるで皇居?ナイハーン湖

 

ナイハーンビーチのすぐ近くには人口池?があるのですが、その周りがランニングスポット。

f:id:aroundranai:20200326185329j:image

 

街路樹も植えられていて、道も舗装されている。

 

f:id:aroundranai:20200326184530j:image

 

ここだけ見るとなんだか、タイじゃないように見えますが、

 

湖沿いには   ワット・ナイハーンというお寺もあり。鐘の音を聴きながら、ランニングができます。


f:id:aroundranai:20200326185327j:image

 

 

 場所

 

プーケットの南端にあります。

 

名前が似ているナイヤンビーチもありますが、こちらはプーケット空港の近くにある別のビーチです。

 

f:id:aroundranai:20200326185833j:image

 

 

さいごに

ナイハーンビーチ沿いにはコンドミニアムや、リゾートもあり、落ち着いた雰囲気のリゾート地でした。

 

私たちは、隣のビーチ・ヤヌイビーチに宿泊していたのですがそちらからも行くことができます。

 

ヤヌイビーチについてはこちらから↓

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 

ただ、プーケット全体に言えるのは、ビーチを移動するごとに山を超えなければいけません。日中の山越えはかなりキツイです。

 

山を超える場所は大概ビュースポットになっているので、ビュースポットに行くついでにランニングなんていかがでしょうか?

 

 

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

タイNo1の夕日、プーケット・プロムテープ岬。

 

プーケット3週間滞在中のやん。です。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


小田原城散策 iPhone11pro 動画撮影

 

 

プーケットで有名なのは、パトンビーチ沿いのバーや、ピピ島などのアイランドホッピングですが、

 

プーケット最南端にある、プロムテープ岬がめちゃくちゃ良かったです。

 

f:id:aroundranai:20200325202200j:image

 

行き方、楽しみ方と、日中と夕日どちらを見に行こうか迷っている方に、写真付きで紹介していこうと思います。

 

行き方

プーケット最南端にあり、私たちがカタビーチからGrabを使用した時は、

 

片道約400バーツでした。約1360円

プーケットだから、すこし観光地価格なのは仕方がない、、、。

 

約20分、山道を移動します。

 

途中、ゾウの村を横目に過ぎていきます。

 

f:id:aroundranai:20200325202614j:image

 

 

他にも、1日バイクのレンタルが300バーツほどなので、バイクでもいけます。が、怪我人続出だったので、オススメしません。

 

フィリピンに3ヶ月留学していましたが、それと比べ物にならないくらいの事故率です。

 

 

 

どの時間帯に行くのがオススメか?

 

私たちはサンライズ、昼、サンセットと行ったのでそれぞれ解説していきたいと思います。

 

 

なんといっても、サンセットがオススメ!

 

メリット

・ロマンティックな夕日が観られる。

・日中ほど暑くない。

 

デメリット

・人が多い。

・暗くなると足元が危険。

 

日没30分くらい前には、サンセットスポットに行くとちょうどいいです。撮影場所を確保したい人は1時間前くらいに行った方がいいかも、、、。

 

スポットは、写真先端。約10分ほど、砂利&坂道を歩きます。

 

f:id:aroundranai:20200325205700j:image

 

日が沈む前。
f:id:aroundranai:20200325205657j:image

 

岬になっているので、約180度以上の水平線を見ることができます。


f:id:aroundranai:20200325205709j:image

 

人は多いです。さすが、タイNo1サンセットスポット。
f:id:aroundranai:20200325205714j:image

 

先端のさらに先に降りるには、こんな場所も通ります。
f:id:aroundranai:20200325205703j:image

 

誰も視界に入らない、贅沢な夕日。

f:id:aroundranai:20200325211125j:image

 

 

野良犬と、夕日。
f:id:aroundranai:20200325205706j:image

 

プロムテープ岬の周りには野良犬がたくさんです。可愛いけど、狂犬病を持っているかもしれないので、もちろんタッチできず。

 

 

お次は、

日中のプロムテープ岬

 

f:id:aroundranai:20200325203342j:image

 

メリット

・海が太陽の光で一番碧く澄んで見える。

・人が少ない。→秘境感が凄い。

・ゆっくり写真が撮れる。

 

 

デメリット

・とにかく暑い。→水分をしっかり摂りましょう。サングラス必須です。

 

ただ、岬なので、いついっても風が吹いているので気持ちは爽やかです。


f:id:aroundranai:20200325203401j:image

岬の先端に行く前からこの景色。


f:id:aroundranai:20200325203355j:image

 

ヤシの木や、ソテツ?が南国情緒を引き立たせます。


f:id:aroundranai:20200325203338j:image

 

プロムテープ岬の西側にある、名もなきビーチ。道なき道を降りて、素潜りしているローカルの人がいました。ここは上から見ただけですが正直危険です。

 

f:id:aroundranai:20200325203350j:image

 

途中にある、銅像

毎日ここから夕日を眺めているんでしょうね。

 

静かな魅力を味わいたいなら、朝

 

メリット

・人が少ない

・涼しい

・神聖な雰囲気が味わえる。夕方は大地の力を感じる力強い岬ですが、朝は穏やかさが魅力です。

 

デメリット

・朝日は見れません。→反対方向のラワイビーチからは見られます。

 

f:id:aroundranai:20200325214741j:image

 

プロムテープ岬をすこし降ると、道路沿いに朝日が見えます。
f:id:aroundranai:20200325214738j:image

 

楽しみ方

プロンテープ岬に着くと、階段があり、1番の高台からも、十分綺麗な景色を楽しむことができます。

 

f:id:aroundranai:20200325204651j:image

 

高台の手前まで、タクシーが行けます。

この近くにトイレあり。1回5バーツ。

 

高台には、四面神と、四面神に願って願い事が叶った人が置いていった象の像たち。f:id:aroundranai:20200325204654j:image

 

プロムテープでは、ヨガ・ランニングをしている人もいれば、絵を描いている人、本を読んでいる人、釣りをしている人。

 

みな想い想いに過ごしています。

 

ぜひ、自分の好きなこと×旅に取り入れてみましょう!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

これどうなっているの?トリック写真の撮り方。I phone 11 pro 編

 

プーケットに3週間滞在中の、やん。です。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

 

プーケットは場所を選ぶと、ビーチからも満点の星が見られます。

 

オススメはヤヌイビーチ。

 

ヤヌイビーチについての記事はこちらから。

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

aroundranai.hatenablog.com

 

海外のビーチで星を見るなんてロマンティックなシチュエーション。

 

ただ星を眺めるのもいいですが、せっかくだから自分達だけの夜景写真を撮るのはどうでしょうか?

 

例えばこんな写真。

 

f:id:aroundranai:20200324171158j:image

 

 

こんな写真が簡単にiPhone11proで撮影できます。

 

こんな写真一眼レフで色々設定しないと撮れないと思っていましたが、

 

やってみるとカンタン!

 

 

必要なもの

・iPhone11

スマホ用三脚

・ライト

 

※ライトに関しては明ると、写真全体が白飛びしてしまうので、

スマートフォンのライト程度の明かりがいいです。

 

 

撮影にオススメの場所

 

・街灯など明かりが少ないところ。

 

・星空が出ていると、背景がより綺麗です。

 

例えば、ウユニ塩湖、インド・ジャイサルメールからいけるクーリー砂漠など。この旅の中でもまたチェレンジしていきたいと思います。

 

私たちは背景に植物と、岩場があるところで撮影しました。

 

f:id:aroundranai:20200324171652j:image

 

昼間の様子はこんな感じですが、夜撮影するとまるで火星のようで、いいアクセントになりました。

 

f:id:aroundranai:20200324171335j:image

 

 

撮影の仕方

 

  1. 三脚にiPhoneを設置し、撮影したい文字のバランスを考える。私たちは8文字で作ったのですが、そのぐらいの文字数がMAXだと思います。
  2. iPhoneのカメラを起動し、ナイトモード設定。
  3. 左上撮影時間を30秒に設定し、下のカーソルも30秒に合わせる。

    f:id:aroundranai:20200324165040j:plain

  4. ライトを照らす人は、1文字5〜10秒ほどの速さで文字を描く。

・この時スマートフォンのライトを正面に向けると明かりが強すぎるので、少し外側に向ながら文字を描きます。

 

・文字は1回書いただけでもいいですが、2重にした方が切れ目がなくなり、美しくかけます。

 

失敗例:光が強すぎるとこんな感じになってしまいます。

 

f:id:aroundranai:20200324171607j:image

 

 

 

ポイント 

 

・文字は、左右反対に描きましょう。(写真に映ると反対になるので)

 

・タイマー設定すれば、2人でも色々な文字がかけます。

 頑張れば1人でもできるかも、、、。

 

 

 

さいごに

 

自分だけのオリジナル写真を撮りたい方必見です!

例えばキャンプに行った想い出に、家族や友達とちょっとした挑戦をしてみるのはいかがですか?

 

f:id:aroundranai:20200324162029j:plain

プーケット・ヤヌイビーチからの夕日。

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

プーケット・ヤヌイビーチのオススメ宿情報。

プーケットに3週間滞在中のやん。です。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

プーケット島のヤヌイビーチでは、アイランドホッピングをしないでもこんなに綺麗な魚たちが見られます。

 

f:id:aroundranai:20200323190210j:image

 

詳細記事についてはこちら!

 

https://aroundranai.hatenablog.com/entry/2020/03/16/205141

 

 

こんなに綺麗なヤヌイビーチですが、パトンやカタビーチからは車で20分ほどの距離で交通の便があまり良くないです。

 

なので、ヤヌイビーチの近くの宿に宿泊するのがオススメです。

 

イチオシ宿・sense of yanui

 

f:id:aroundranai:20200323193817j:image

 

場所

 

ヤヌイビーチから、150mの位置です。

 

f:id:aroundranai:20200323191520j:image

 

徒歩3分でビーチなので、海に入ってそのまま部屋でシャワーを浴びれる便利さです。

 

料金

1泊約2600円  (2020年3月21日〜26日)

Booking.comで予約しました。

 

Sense of Yanui (タイ ナイハーンビーチ) - Booking.com

 

部屋の様子

 

清潔感抜群です。毎日ベットメイクしてくれる。

f:id:aroundranai:20200323191959j:image

 

白を基調としていて、インテリアもかわいいです。
f:id:aroundranai:20200323191956j:image

 

シャワー水圧温度共に問題なし。シャワーカーテンなしです。
f:id:aroundranai:20200323191952j:image

 

入り口はバルコニー。斬新な作りです。f:id:aroundranai:20200323192004j:image

 

部屋には、冷蔵庫、ケトル、テレビ付き。

1日一人1本ミネラルウォーターをくれます。

 

そして、共有スペースが開放感抜群です。

f:id:aroundranai:20200323192435j:image


f:id:aroundranai:20200323192430j:image

 

共有キッチン付き。

 

夜はムーディーにライトアップされます。
f:id:aroundranai:20200323192439j:image

 

プルメリア
f:id:aroundranai:20200323192443j:image

 

 

さいごに

 

ヤモリが敷地内にいます。部屋では見ませんでした。

 

白っぽく小さいので私たちは全く気になりませんでした。むしろ可愛い。

 

しかも、ヤモリがいるおかげで、全く虫はいないし、ヤモリ様様です。

 

 

客層はほとんど欧米からの方。

 

そして、ダイバーか、シュノーケリングを本気でやっている人ばかりです。

全ての部屋で毎日機材が干されていました。

 

それくらい、海好きに人気の宿です。

 

ただ、近くにコンビニがなく、徒歩20分ほどのところにファミマがあります。便利さに難アリ。

 

 

それでも、こんな海が毎日シュノーケリングでも見られるヤヌイビーチ。

 

f:id:aroundranai:20200323193212j:image

 

 

 

パトンやカタビーチでは物足りないという方、ぜひチェックしてみてください!

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

プーケットはカフェの穴場!オススメカフェ3選。

プーケットに3週間滞在中のやん。です。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

 

プーケットオールドタウンのカフェ情報はこちらから!

プーケット・オールドタウン 女子旅もってこいの街 - あらうんどらない

 

プーケットは、心地のいいカフェがたくさんあります。

 

f:id:aroundranai:20200322100234j:image

 

今回紹介するのは、その中でもオススメの3店です。

 

 

  1. ここでしか食べられないマンゴースティッキークレープが食べられるお店。-ARAM-
  2. 丘の上の隠れ家的カフェ。-Hill cafe-
  3. 街で一休みならココ。-The coffee club-

 

ここでしか食べられないマンゴースティッキークレープが食べられるお店。-ARAM-

 

f:id:aroundranai:20200322103408j:image

 

このカフェでは、タイスイーツ

マンゴースティッキーライス(マンゴーともち米を一緒に食べる料理)

 

と、パリッと焼いたクレープを一緒に味わうことができます。

 

2人でシェアするのがちょうどいい大きさです。

 

 

 

店内も広々していて、

f:id:aroundranai:20200322105048j:image


f:id:aroundranai:20200322105045j:image

 

f:id:aroundranai:20200322105133j:image

 

他の飲み物もおしゃれ。

f:id:aroundranai:20200322104917j:image

 

 

アイスチョコレートは甘さ控えめです。

アイスチョコレート100バーツ 約330円

 

f:id:aroundranai:20200322104850j:image

 

コーヒー 90バーツ

f:id:aroundranai:20200322105257j:image

 

場所   カタビーチから1本街側に入った大通りの南端にあります。

f:id:aroundranai:20200322105511j:image

マリサ ヴィラ スイーツの近く。

 

ポイント:wifi コンセント付き。

 

丘の上の隠れ家的カフェ。

-Hill cafe-

 

次に紹介するのは、カロンビューポイントの近くにある、隠れ家的カフェです。

 

f:id:aroundranai:20200322110136j:image

 

トロピカルな観葉植物に覆われていて、癒し効果抜群です!
f:id:aroundranai:20200322110130j:image

 


f:id:aroundranai:20200322110127j:image

 

テラス席。周りはコーヒー畑になっているようで、プーケットの街中、ビーチ沿いとも違った雰囲気が味わえます。
f:id:aroundranai:20200322110121j:image

 

カフェラテ。80バーツ
f:id:aroundranai:20200322110117j:image

 

ご飯ものもあります。どちらも500〜600円。
f:id:aroundranai:20200322110124j:image

 

場所  

カロンビューポイントの近く、カタビーチから向かうと手前にあります!

 

f:id:aroundranai:20200322173539j:image

 

パトンやカタ方面からはプーケットスマートバスで行けます。

 

カロンビューポイントのバス停の手前なので、乗車時にカロンビューポイント手前で降ろして欲しいと伝えておきましょう!

 

帰りは、grab で帰るのが一番いいです。

 

プーケットスマートバスはバス停以外の乗車ができない(2回トライしましたがダメ)&

流しのタクシーはほとんど走っていないため。

 

ポイント:wifi コンセント付き。

 

街で一休みならココ。

-The coffee club-

 

f:id:aroundranai:20200322174346j:image

 

こちらは、プーケットに何店舗かあるチェーン店で、オーストラリア発祥だそうです。

でも、メニューはタイティーや、タイ料理もあり。

 


f:id:aroundranai:20200322174343j:image

 

チェーンだけど、しっかり美味しいコーヒーが飲めます!
f:id:aroundranai:20200322174354j:image

 

 

左、バタフライピーラテ。バラフライピーという、お花を使ったラテ。無味です。でも、目にいいそう。


f:id:aroundranai:20200322174349j:image

バタフライピー130バーツ。

 

右側はクラシカルアイスタイコーヒー。甘ーいコーヒーです。90バーツ。

 

 

場所

パトンビーチ近くには10店舗あります。

f:id:aroundranai:20200322175416j:image

 

ビーチや街を歩いて疲れたら入るのにちょうどいいです。パトンビーチ沿いのお店は、オープンテラスのお店が多いので、冷房が効いているカフェは貴重です。

 

ポイント:wifi コンセント付き。

 

 

 

さいごに

 

今回紹介したお店は全て、紙ストローか、金属ストローでした。

 

そういう意味では、タイの方がWi-Fiコンセント環境も整っているし、cafe先進国なのかもしれません。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

プーケット コスパ最強レストラン・屋台3選。

プーケット3週間滞在中の   やん。です。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

 

今回は、物価の高いプーケットで食費を抑える方法についてです。

 

 

プーケットの物価

まず、プーケットの物価ですが、だいたいタイ料理店でもバンコクの2〜3倍くらいはするイメージです。

 

f:id:aroundranai:20200321094538j:image

 

↓こんな感じのお店でも、1食150バーツほど。日本円で、500円ほど。
f:id:aroundranai:20200321094535j:image

 

日本から短期旅行で来た方は安く感じと思いますが、他の東南アジアを知っている人からすると、正直高いです。

 

欧米人向けのレストランも多いので、そこで食べると、1000円くらいします。

 

 

 

じゃあ、どこで食べれば安い?

  1. 観光客向けなのにコスパ最強レストラン
  2. 屋台
  3. ローカルレストランを見つける

 

 

観光客向けなのに、

コスパ最強レストラン

 

まず紹介するのが、こちら。

 

チャイタイ

 

f:id:aroundranai:20200321095548j:image

 

場所は、カタビーチから1本入った所にあります。

f:id:aroundranai:20200321095649j:image

 

パッタイ80バーツから〜とここのお店も、バンコクと比べると高いですが、魅力はこちら↓

 

サラダ・フルーツバー付き!

f:id:aroundranai:20200321100229j:image

 

17時30分〜夜の時間は新鮮な野菜フルーツが食べ放題です。クッキー、パイもあり。
f:id:aroundranai:20200321100239j:image

 

海外に来ていると野菜不足になるので、毎日のようにここで野菜を補給していました。
f:id:aroundranai:20200321100250j:image

毎日のように行きましたが、私たちは生野菜でお腹を壊すようなこともなかったです。

 

狙い目は、サラダバーが切りたての17時30分過ぎに行くこと。

 

フォーのようなヌードル。80バーツ
f:id:aroundranai:20200321100234j:image

 

マルゲリータ120バーツ。
f:id:aroundranai:20200321100247j:image

 

たまにテイクアウトもしました。エビチリチャーハン90バーツは、2人分くらいあります。
f:id:aroundranai:20200321100254j:image

 

肝心のお味も、かなり美味しいです!タイ料理と中華料理の中間のような感じです(^^)

 

屋台

 

屋台は、基本観光客向けのお店ですが、お店で食べるより安い上に、プーケットの雰囲気を味わうことが出来ます。

f:id:aroundranai:20200321101344j:image

 

場所

私たちがよく行ったのは、カタビーチの南端にあるマーケットです。そんなに大きくないです。

 

f:id:aroundranai:20200321101622j:image

 

ビーチから、水着のまま来ている人多数。


f:id:aroundranai:20200321101330j:image

 

だいたい100バーツから〜
f:id:aroundranai:20200321101339j:image

 

パッタイ80バーツ
f:id:aroundranai:20200321101327j:image

 

エビイエローヌードル 80バーツ
f:id:aroundranai:20200321101334j:image

プーケットのご飯は、シーフードがよく使われています。


f:id:aroundranai:20200321101324j:image

 

台風オムレツライスは50バーツ、空芯菜炒め80バーツ

f:id:aroundranai:20200321102001j:image

 

フレッシュフルーツシェイク50バーツ
f:id:aroundranai:20200321102005j:image

 

特にオススメがこちら!!

 

巨大スペアリブ。150バーツ。
f:id:aroundranai:20200321101958j:image

 

オーダーしてから炭火で焼いてくれます。チャーンビールとマッチ。
f:id:aroundranai:20200321101954j:image

 

 

ローカル食堂を見つける

 

カタビーチ沿いにはローカル食堂はないのですが、4028号線にはローカル食堂がずらり。

 

とくに、オススメがこちら↓

 

カタダックグリル

f:id:aroundranai:20200321102530j:image

 

f:id:aroundranai:20200321103007j:image

カタビーチの真ん中らへんから、坂を登ります。


f:id:aroundranai:20200321102736j:image

 

カオマンガイ50バーツ。
f:id:aroundranai:20200321102743j:image

 

ダックが、ジューシーでした!

 

調味料も手作り。
f:id:aroundranai:20200321102712j:image

 

他にも、オートバイに屋台が取り付けられた移動式の屋台もあり。

 

肉まんなど20バーツ。

f:id:aroundranai:20200321103237j:image

 
まとめ

 

バンコクと違った、ビーチの魅力があるプーケット。水着のまま屋台に行ったり、綺麗なビーチを見ながらご飯を食べたり。

 

たしかに、バンコクよりは高いけど、プーケットならではの、食事の楽しみ方が待っていました。

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

話題のフローライダーに挑戦!in プーケット

 

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

f:id:aroundranai:20200319183558j:image

 

プーケットに来たのは、海を思いっきり満喫するため!

プーケットは、サーフスポットとしても有名なため、サーフィンに挑戦したかったのですか、

 

3月はオフシーズン。5月〜10月くらいまでか、プーケットのサーフシーズンだそうです。

 

なので、気持ちだけでもサーフィンを味わいたく  日本でも話題の 『フローライダー』を体験してきました!

 

 

 

フローライダーって?

 

フローライダーとはプールに人口の波をつくり、その上をサーフボードでサーフィンのように乗って楽しむ遊び。

 

f:id:aroundranai:20200319184520j:image

 

場所

プーケットの、パトンビーチとカタビーチにお店があります。系列店。

 

サーフハウスという名前。

今回行ったのは、カタビーチの方。

 

f:id:aroundranai:20200319190241p:image

 

パトンビーチのサーフハウスは、イミグレーションオフィスの正面にあります。←まず、イミグレがビーチから1本入った道にあるのがパトンらしいですね。

 

料金

私たちが利用したのは、朝9時30分〜11時までのEarly rideというプラン。

1人、レンタルボード代込みで790バーツでした。日本円2600円ほど。

 

日本の半額くらいでできます!

 

↓こちらパトンビーチの値段表。カタビーチの方は全体的に100バーツほど、値引きされていました。
f:id:aroundranai:20200319185814j:image

 

初めてでもできる?

 

私たちが参加したのは、朝9時30分〜11時までのコース。

 

この時間帯はおそらくビギナーの人が多く集まる時間帯だと思います。

 

他の時間帯は、明らかに上級者が波の上でバンバン飛び跳ねていました!

 

周りは皆ビギナーなので、いくら転んでも恥ずかしくないという安心感があります。

 

インストラクターも、一からやり方を教えてくれます。

 

 

英語が分からなくても、やり方はほとんど感覚で覚えるしかないものなので、ジェスチャーで通じます。

 

最初は、綱を持って、引っ張ってくれます。

f:id:aroundranai:20200319191245p:image

 

 

私(やん。)は、サーフィンはバリで体験サーフィンをしただけ、スノボーはターンができるくらいの経験値ですが、

 

最終的には、綱を外して少し波乗りできました。

 

これだけでも、

爽快感半端じゃないです!

 

 

さいごに

 

フローライドは、

傾斜になっているところは、地面が柔らかく、ボードも、あまり硬くない素材を使っています。

 

やっているときは転んでもアドレナリンが出ているから、痛くないのですが、

 

翌日以降鞭打ちのように、首を動かす度に痛かったです。

 

それでも、爽快感抜群の、フローライド。Phuketに来たら、オススメアクティビティの一つです(^^)

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

https://aroundru.hatenablog.com

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

海外ノマドにオススメ、プーケット・カタビーチ Stay@kata Poshtel

 

こんにちは、カップルで世界一周のやんです。 

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

 

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

プーケットといえば、世界中から観光客が集まるリゾート地です。

夜遊びの街、パトンには安宿がたくさんありますが、長期滞在するには落ち着けません。

 

かと言ってリゾートホテルに滞在しながらの長期滞在も金銭的に無理がある。

 

そこで私たちは今注目のポシュテル(poshtel)に宿泊することにしました。

 

f:id:aroundranai:20200319162410j:plain



 

 

ここが、なかなか快適だったため、シェアーしていこうと思います。

 

Stay@Kata Poshtel

 

www.booking.com

 

値段  

2020年3月乾季(オンシーズン)に予約し、1泊1室 約4000円でした。

Booking.comにて。

 

場所

カタビーチ 北側に位置していて、ビーチからは1本入った道です。

 

f:id:aroundranai:20200319174522j:image

 

 

ビーチまでは徒歩5分ほど、500m。

周りには、リゾートホテルも多くあります。

 

 

プーケット全体に言えることですが、リゾートホテルは海が見える崖にあることが多く、坂道を登るのが大変。

逆に街中の安宿はゴミゴミとしていることが多いです。

一番の繁華街バングラ通りはこんな感じです。

f:id:aroundranai:20200319164240j:plain

カタビーチ沿いはここまでではありまでんが、繁華街ではあります。

 

ポシュテルとは。


ポシュテルとは、ドミトリー(相部屋)が中心の「ホステル」と、「上品な」「上流の」という意味の「ポッシュ」を掛け合わせた言葉  
 

バンコクでも、何軒かポシュテルはありました。最近増えている、宿の形態です。

 

 

 

部屋の様子

 

入り口、ここで靴を脱ぎます。床はタイル張りで、清潔感◎

f:id:aroundranai:20200319174705j:image

 

フロント&共有スペース。 

ジュース15バーツ。ビール45バーツ。
f:id:aroundranai:20200319174652j:image

 

紅茶、コーヒーは無料。

f:id:aroundranai:20200319175257j:image

 

毎日、ボトルウォーターを500ml×人数分くれます。

 

さすがポシュテルというだけあってゲストハウスよりしっかりしています。

 

 

ベットシーツが白でも、ちゃんと清潔感あるところがすごいです!!白いベットで眠れる幸せ。幸福度高いです。
f:id:aroundranai:20200319174658j:image

もちろんエアコン付き。

 

一面ガラス張りで、テラス付き、マットレスなので、空間が広く感じられます。

 

ベット背面には、オールドタウンの景色が描かれています。

 

掃除は毎日してくれるし、バスタオルも2日に1回変えてくれます。



f:id:aroundranai:20200319180306j:image

デスク、ミニ冷蔵庫、金庫付き。

コンセントも、ベットサイド、デスクにあり、十分。

 

 

ドミトリーは1300円から、泊まれる見たいです。ロッカーが沢山あります。

f:id:aroundranai:20200319180459j:image

 

シャワー、トイレは部屋に付いてるタイプと、共有のタイプがあります。

 

水周りも清潔感。数も、フロアごとにあります。

f:id:aroundranai:20200319180541j:image

 

Wifi 環境 

Wi-Fiについても、遅いと感じることは特になかったです。

 

f:id:aroundranai:20200319181231p:image

 

 

テラスで晩酌もできる生活。

f:id:aroundranai:20200319180156j:image

 

 

まとめ

プーケットではこちらに12日滞在しましたが、快適すぎました!!

ぜひ、プーケットでの宿選びの際はcheckしてみてください(^^)

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プーケット・オールドタウン 女子旅もってこいの街

こんにちは、やんです。

 

世界一周ブログ変更しました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


GoPro hero 8に取り付ける外部マイクの性能を比較してみた

 

さて、先日行ってきた

プーケットオールドタウンについて。

 

f:id:aroundranai:20200318120333j:image

 

プーケットオールドタウンは、ビーチリゾートが多くあるパタンやカタとは島の反対側にあります。

 

 

カタビーチからの行き方

 

カタビーチの南側に、ローカルバスターミナルがあるので、そこからテンソウに乗車します。

 

場所はこちら↓

f:id:aroundranai:20200318095859p:image

 

プーケットスマートバス乗り場と間違えないようにしましょう!

 

f:id:aroundranai:20200318100031j:image

 

バス停には、バスが何台か待っているのでドライバーさんに行き先を訪ねて乗車すればオッケーです。

 

カタ→カロンビーチはゆっくりバスを走らせるので、バスを見かけたら、手を挙げれば途中乗車も可能です。

f:id:aroundranai:20200318095615j:image

 

1律40バーツ。約20分ずつバスが出ていますが、帰りは18時10分が最終です。早い、、、。
f:id:aroundranai:20200318095618j:image

 

オールドタウンまでは1時間ほど。タクシーだと、もっと早いですが、街の景色を見ながらのんびり行けるのがいいところ。

 

テンソウ乗り場の近くにマーケットがあるので、フルーツシェイクを買って飲みながらテンソウに乗るのがおススメです(^^)

 

1杯50バーツ。パッションフルーツ

f:id:aroundranai:20200318100430j:image

 

プーケットオールドタウンでは

Rarong のロータリーで降ろされます。

 

帰りは、ロータリーの少し先にあるマーケット近くのバスターミナルで乗車。

 

f:id:aroundranai:20200318101534j:image

 

 

オールドマーケットおススメカフェ

 

さてさて、バス停からクラビ通りに抜けると、いい感じのカフェがたくさんあります。

 

 

そんな中でもおススメは、

Ryn というカフェです。

 

Campasというカフェの隣にありますが、グーグルマップでは出てきません。

お客さんも、タイのおしゃれさんたちばかりで、観光客はいませんでした。

 

f:id:aroundranai:20200318102725j:image

 

プーケットでこんな和モダンなカフェがあるとは!!


f:id:aroundranai:20200318102721j:image

 

Slow dripのコーヒーと抹茶をいただけます。

コーヒー70バーツから。

 

茶器も販売してました。
f:id:aroundranai:20200318102716j:image

 

2階あり。
f:id:aroundranai:20200318102713j:image

 

2階は靴を脱いで上がります。畳の席あり。
f:id:aroundranai:20200318102730j:image

 

左アイスコーヒー↓タイ北部のチェンライで生産された、ドイチャン豆使用。ガツンと苦くて私好みのコーヒーでした。
f:id:aroundranai:20200318102709j:image

 

ベイクドチーズケーキも濃厚で美味しい。80バーツ。

 

f:id:aroundranai:20200318104216j:image

紅葉しているような葉っぱ。

 

 

 

オールドタウン町歩き  

 

さてさて、プーケットオールドタウンはその昔、錫が採られたことから栄え、ポルトガルや中国の商人が集まり、独特の街並みが出来上がってきました。

 

町中にカラフルな建物があり、

f:id:aroundranai:20200318104838j:image


f:id:aroundranai:20200318104845j:image

どこの道を歩いても飽きません。
f:id:aroundranai:20200318104841j:image

 

 

f:id:aroundranai:20200318105400j:image


f:id:aroundranai:20200318105353j:image

 

一番、色鮮やかなのはSoi Rommain 通りです。
f:id:aroundranai:20200318105406j:image

 

チャイニーズな雰囲気×ウォールアート。CAFE’IN
f:id:aroundranai:20200318105403j:image


f:id:aroundranai:20200318105356j:image

↑ここは、タイ風かき氷が食べれるとのことで行きたかったのですが、ちょうど休みでした。

 

f:id:aroundranai:20200318105934j:image

こんな感じの、小道を抜けると、、、f:id:aroundranai:20200318105938j:image

いきなりストリートアート。

タイじゅうに作品がある、グラフィックアーティスト  アレックス・フェイス(ALEX FACE)の作品。


f:id:aroundranai:20200318105941j:image

 


f:id:aroundranai:20200318105930j:image

食堂の裏に描かれています。   f:id:aroundranai:20200318105954j:image

 

 

タイの国王様も。
f:id:aroundranai:20200318105950j:image

 

 

f:id:aroundranai:20200318105946j:image

 

だいたい、オールドタウンは半日ほどで回ることができました。

 

セレクトショップのようなおみあげやさんも多く、女子旅にはもってこいの街です。

 

f:id:aroundranai:20200318110821j:image

 

真剣。
f:id:aroundranai:20200318110824j:image

 

町歩きで小腹が空いたので、最後にロティー屋さん。

f:id:aroundranai:20200318164918j:image

 

パンダンクリスピーロティー 35バーツ
f:id:aroundranai:20200318164915j:image

 

ベジタブルカレー+クリスピーロティー50バーツ
f:id:aroundranai:20200318164922j:image

 

 

 

オールドタウン半日散策使ったお金。(2人分)

交通費   160バーツ

パッションフルーツシェイク 50バーツ

カフェ代  230バーツ

ティー屋さんで、ベジタブルカレー+スイートクリスピーロティー   85バーツ

 

計525バーツ   1732円

一人あたり約870円でした。

 

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

世界一周中、最新の渡航情報はどうやって手に入れる?

 

プーケットで3週間滞在中の、世界一周カップル、やん。です。

 

世界一周ブログ新しくしました!

https://aroundruworld.com/

 

 

今日は、旅の現状について。

 

f:id:aroundranai:20200317170157j:image

 

プーケットには、3月30日までいて、その後はバリに住んでいる方のお家にお邪魔する予定です。元々バリで3週間ほど滞在したら日本に一時帰国する予定でいました。

 

今のところは、インドネシア・バリへの日本人への入国禁止はありませんが、はたして今後はどうなることか。

 

また、バリから日本に帰れるか?日本に帰った後はまた旅ができるか?

 

全てが不確定なことばかりですが、

今は今出来ることをしていこうと思います。

 

こんな時役立つのが、

たびレジ

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

 

f:id:aroundranai:20200317164904p:image

 

登録した国の情報が一定期間メールに送られてきます。

 

f:id:aroundranai:20200317165105p:image

 

↑例えばこんな感じ。

 

世界一周のようにいろいろな国に行く人は、常に何カ国も外務省のホームページをチェックしなければいけないので、これは本当にありがたいです。

 

地震やテロ、どういった差別が今どの地域で起こっているかと言った情報もわかります。

 

追加の情報が欲しければ、載っているURLでチェックできる。

 

 

 

さてさて、プーケットの様子。

 

プーケットでは、明らかなアジア人差別のようなものはまだ受けていません。

私はプーケットに行くのが初めてなので普段と比較はできませんが、殆どアジア人の観光客は見ません。

 

今ステイしているのが、ドミトリーと個室のあるゲストハウスなのですが、ドミトリーに泊まっている人もいない状況。めちゃくちゃいいゲストハウスなのに閑古鳥。

これは密室を避けているということでしょうか?

 

ただ、周りのリゾートホテルの宿泊費が乾季なのにかなり下がっているので、そちらに宿泊している人が増えているのかもしれません。

 

例えば、3ヶ月前に調べた時は1泊1室1万5000円ほどだった、リゾートホテルが今は4000円ほどでした。

 

f:id:aroundranai:20200317170014j:image

 

さて、私たちですが、プーケットでも、明らかな人混みは避けています。

 

当たり前の感染予防行動と、周りに不安を与えないような言動で、今のところは4月末の日本一時帰国までは旅を続けていく予定です!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

プーケットで見つけた、おススメシュノーケリングスポット。

こんにちは、カップルで世界一周中のやんです。

 

世界一周ブログ新しくしました!

https://aroundruworld.com/

YouTubeも始めたのでぜひ、世界一周旅vlogは、

\こちらからどうぞ/


小田原城散策 iPhone11pro 動画撮影

 

ただ今、プーケット3週間滞在中です。

 

f:id:aroundranai:20200316220425j:image

 

プーケットに来たのは、海を満喫するため。

フィリピンのアポ島で、シュノーケリングの楽しさに目覚めた私たちはプーケットでもシュノーケリングができる場所を探していました。

 

ウミガメがほぼ100%見ることができるアポ島の記事はこちらから!

 

https://aroundranai.hatenablog.com/entry/2019/12/31/132917

 

今回紹介するシュノーケリングができるビーチは2つ!

  1. カタノイビーチ
  2. ヤヌイビーチ

 

 

  1. カタノイビーチ

カタノイビーチの南端でシュノーケリングができるということで、カタノイビーチの隣のカタビーチに宿泊した私たち。

 

 

カタノイビーチのシュノーケリングスポットまでは、山あり坂あり2.1km歩いて行きました。

 

f:id:aroundranai:20200316214634p:image

 

↓ビーチの北側も少し岩場です。人も少なく、周りが高級ホテルばかりなので、カタビーチと比べても静かです。

f:id:aroundranai:20200316214853j:image

 

ウェディングパーティ後なのか、ブーケが落ちていました。
f:id:aroundranai:20200316214841j:image

 

北側の岩場。
f:id:aroundranai:20200316214846j:image

 

魚はいるけど、オヤビッチャばかり。
f:id:aroundranai:20200316214849j:image

 

透明度も砂浜のため、あまり、、、でした。

 

 

 

2.ヤヌイビーチ   ←おススメ

カタノイビーチが、シュノーケリングには物足りなかったため、調べたところ、

 

プーケット南端のプロムテープ岬のすぐ近くにヤヌイビーチという、ビーチがあるとのことで行ってきました。

 

f:id:aroundranai:20200316220957j:image

 

カタビーチからは約10km、Grabで450バーツほど。少しお高いのは、観光地価格です。

 

プーケットでは、バイクレンタルも一般的ですが、日差しが強い×山道ばかりなので、慣れていない人にはきついと思います。

 

こじんまりとしたビーチ感が◎

f:id:aroundranai:20200316221546j:image

プーケットのビーチはどこも大きいので、小さいビーチになんだか、ワクワクします。数十メートルほど。

 

ヤヌイビーチは、真ん中に岩場があり、その両サイドにビーチが広がっています。

 

f:id:aroundranai:20200316221349j:image

 

岩場からの景色。

 

f:id:aroundranai:20200316221427j:image

 

透き通って見えます。

 

 

岩場を隔てて、右側が砂浜が続いていて、お子さんでも泳げるようなビーチです。

 

左側はビーチから入ってすぐ岩場なので注意が必要です。

 

岩場裏側は流れが少しあります。その分、魚の種類も豊富。

 

※ビーチにはライフセーバーがいました。

 

f:id:aroundranai:20200316221955j:image

いろんな種類のチョウチョウウオや、ツノダシ。


f:id:aroundranai:20200316221958j:image

細長、ヤガラ。

 

f:id:aroundranai:20200316222144j:image

カラフルなハコフグ


f:id:aroundranai:20200316222140j:image

 

 

 

シュノーケリングのレンタルもあります。

1日、100バーツ。フィンは追加100バーツ。性能はまずまずでした。

f:id:aroundranai:20200316221846j:image

 

f:id:aroundranai:20200316224353j:image

カヤックにサップも借りることができます。

 

ビーチチェア貸し出しはなし。みなゴザなどひいて過ごしています。

 

ビーチから道路隔てて向かいにレストランが2件あります。

f:id:aroundranai:20200316221838j:image

 

おススメは、こちら。
f:id:aroundranai:20200316221843j:image

 

プーケットにしては良心的な価格です。

 

メニューはこれ以上ありました。
f:id:aroundranai:20200316223343j:image
f:id:aroundranai:20200316223336j:image
f:id:aroundranai:20200316223321j:image

 

ツナサンド
f:id:aroundranai:20200316223328j:image

 

フライドヌードル70バーツ野菜多め。
f:id:aroundranai:20200316223340j:image

 

 

近くにコンビニがないので、水やアイスなどを買うのにもちょうどいいです。

f:id:aroundranai:20200316221850j:image

トイレあり。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!