aroundranai

旅人初心者カップルが3年間世界一周。

お気に入りすぎて2回目の訪問、アポ島 ダイビング記

 

 

念願のアポアイランドダイブに行ってきました!

 

f:id:aroundranai:20200115231105j:image

 

Tomは、オープンウォーター講習を受けて、晴れてライセンス取得しました(^^)

 

ダイバー憧れのアポ島でオープンウォーター講習なんてかなり贅沢な時間でした!

 

 

  • お世話になったダイビングショップ

 

今回私たちが利用したのは、ドゥマゲティの隣町のダーウィンにある、

 

日本人経営のダイブショップの『ラッキーダイブ』さんです。

 

 

たくさんご飯に誘っていただき、

海外で働くことの大変さや、フィリピンと日本の違いなども、飲みながらたくさん話して、ステキな出逢いでした!

 

 

さてさて、

 

  • ダイビング記録です。

 

2020年1月12日   天気晴れ    気温30度             水温28度   3mmスウェット  この時期は一番水温が低くなるそう。  

 

f:id:aroundranai:20200115231411j:image

 

 

東から吹く風のために、アポ島に向かう時は島が守ってくれて波や風を感じず、

 

帰りは終始スプラッシュマウンテンのようでした。

 

f:id:aroundranai:20200115231436j:image

 

 

 

 

  • 1本目のダイブは、チャーチポイント。

 

ボートから潜行してすぐにウミガメさんを発見。

 

f:id:aroundranai:20200115231105j:image

 

そして、いきなりのドロップオフ。初めてのドロップオフ、透明度が15メートル以下だったため底が見えず。深さ40メートルくらいあるそう。

 

Tomはオープンウォーター講習で、ドロップオフだったから、かなり怖かったそう。

 

カメラに映り切らないほどの、テーブルサンゴ

サンゴ天国パート1

f:id:aroundranai:20200115231756j:image

 

 

 

 

 

2本目ダイブはマムサポイント。

マムサとは、現地の言葉でアジという意味で、ギンガメアジの大群が見えるポイント。

 

東からの風のために、島の西側は穏やかだが、東側のマムサポイントは波が高かった。

 

マムサポイントに着く前に、全ての機材をセッティングしてから移動。

 

ドリフトダイブのポイントではないそうだが、ここ数日は流れが早いそうで、ほとんど流されるまま。

 

次から次へと色とりどりの魚や、サンゴ礁が視界に入ってきます。

 

サンゴ天国 part2

f:id:aroundranai:20200115231907j:image

 

サンゴ天国 part3

f:id:aroundranai:20200115232016j:image

 

 

お目当てのギンガメアジの大群は見れず。

 

また、アポ島に呼ばれているということですね。

 

 

 

  • 3本目は、ブロックポイント。

一番ゆっくり楽しむことができたポイントです。

 

サンゴ天国 part4

f:id:aroundranai:20200115232552j:image

 

 

f:id:aroundranai:20200115232659j:image

 

最後の浮上時に、速く泳ぐ魚がいたため、あとでガイドさんに聞いたら、ギンガメアジの稚魚だったそう。

 

f:id:aroundranai:20200115232345j:image

 

 

水族館で泳いでいる魚でも見たことがないくらいの俊敏さでした。

稚魚であのスピード、大きさだったら、大人はどれだけ速くて大きいことか。

 

 

  • 夜は、ドゥマゲティにあるJo’s chicken

f:id:aroundranai:20200115232835j:image

 

怪しげなキャラクターが目印です。

f:id:aroundranai:20200115232857j:image

 

店の外で直火で焼いたチキンは絶品です。

 

f:id:aroundranai:20200115232907j:image

 

年末年始は焼き専門のスタッフが帰郷のため、休業していたほど、焼き加減にこだわりのあるお店です。

 

f:id:aroundranai:20200115233528j:image

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

Bais sand bar 誰もいないビーチにはどこにある?!

ドゥマゲティ留学、1ヶ月が経ちました。

 

今日はデイトリップで訪れた、

Bais sand bar   バイスサンドバー  について。

 

f:id:aroundranai:20200105183142j:image

 

なぜ、こんないい場所なのに人がいないんだ?!というくらいいい場所でした!

 

 

観光地化も、まだまだされていないです。

 

そのため、団体の観光客がいないため、プライベート感満点!!

 

f:id:aroundranai:20200105183115j:image

 

タヒチモルディブの水上コテージを思わせるような雰囲気もあります。

 

f:id:aroundranai:20200105184401j:image

 

場所:

フィリピン、ネグロス(Negros)島にあるドゥマゲティ(Dumaguete)からバスで約一時間半(約50km)移動すると行くことが出来るバイス(Bais)という町にあります。

 

f:id:aroundranai:20200105202006p:image

ピンの場所がバイスの船着場です。

 

アクセス:

ドゥマゲティのロビンソンプレイスの近くにあるセレスバスターミナルからバスが出ています。黄色いバスです。

 

f:id:aroundranai:20200105201344j:image

 

時刻表は見当たらなかったのですが、休日なら1時間に1本以上はバスが出ているようです。

 

バス乗り場以外でも、途中乗車の人もいました。

 

city mall の前を通るので、そこで乗車もできます。

(黄色いバスがきたら、とにかく手をあげると止まってくれます。)

 

 

バスの乗り方:

行き先がバスの正面に書いてあるので、「Manjuyod」(マンフーヨ)と書いてあるバスに乗り込みます。

(このバスはバイスのすこし先にあるマンフーヨという場所に行きます)

 

バス停に着いたら、係員のおにいちゃんが行き先を叫んでいるので、バスに乗り込みましょう。

 

バスのおにーちゃんは私たちのような外国人がいると、バイスにいくのだろうと「バイス〜」と声をかけてくれます。

 

料金は乗車後に、回収されます。

 

昔ながらの紙の乗車券。

 

f:id:aroundranai:20200105201421j:image

 

 

 

バス料金:

バイスまで片道68ペソ(2020年1月現在)143円でした。

エアコンが付いているバスと、エアコンなしのバスがあるとのことでしたが、

私たちの乗ったバスはエアコンなし。

 

最高気温30度の日に、昼10時ごろに出発しましたが、窓が前回のため暑さは感じませんでした。

このセレスバス、セブ行きや、ネグロス島の北部にあるバコルドに行く長距離バスもあるのですが、長距離バスはエアコン付きのよう。

 

f:id:aroundranai:20200105201616j:image

 

貸切ボートの乗り方:

 

バスに乗っていると、バスのお兄ちゃんが、「サンドバーいくの?知り合いがツアーやってるからどう?」と聞いてきて、

 

知り合いに電話して、バスを降りたらすぐに迎えにきてくれるように手配をしてくれました。

 

バイスにつくと、バスを降りたところで必ず声をかけられるそうなので、もしこのツアー以外が良くても選択肢はあります。

 

料金は、ツアー主催者と交渉で、最初は3500ペソと言われましたが、なんだかんだ

で2名で2500ペソになりました。

 

もう少し安くなるのかもしれませんが、私たちは2人で貸切ボートだったので割高です。

 

しかも、何時間乗っても値段は一緒。飽きるまで乗っていいよ!!と言われました。

 

貸切ボートだからできる贅沢。

 

f:id:aroundranai:20200105202229j:image

 

 

ライフジャケットが8個積まれていたので、おそらく8人乗り。

 

大人数でいけばもっと安く済むと思います!

 

トイレは簡易的なものが一応ありました。←重要。

 

 

バイスバスアーミナルから船着場までの移動:

バイスバスターミナルから船着場までは約2kmほどあり、トライシクルで移動します。

 

トライシクルは片道100ペソ。帰りも同じトライシクルのおじちゃんが迎えにきてくれました。

 

バスターミナル近くで、冷えた飲み物や昼食などを買って行った方がいいです。

 

ジョリービー、ローカルマーケット、パン屋あり。

 

 

 

観光にべストな時間帯:

バイスではイルカウォッチングもできますが、イルカが見られるのは朝のみ。

 

イルカウォッチングに行った方の話を聞くと、朝5時には出発しないと、イルカウォッチングの船には乗れないそうです。

 

*波が高いと船が出せないこともあるので、天候をしっかりチェックしてからの出発をオススメします。

 

 

 

サンドバーは潮の満ち引きで見られる時間が変わるため、一概には言えませんが、

昼前後〜4時くらいにかけてサンドバーが出現するそうです。

 

私たちが行った時は、12時くらいにはすでにサンドバーが出現していて、2時間くらいで完全に潮が満ちました。

 

もしも、サンドバー目的だったら朝10時くらいのバスに乗り出発するのがベストだと思います。

 

 

 

水上コテージ?で、リゾート気分:

 

遠くから見ると、水上コテージかと思ったら、近くで見たら倉庫のようになっていました。わら

 

f:id:aroundranai:20200105201745j:image

 

 3つほどコテージがあるうちの1つで、水上パーティもできるようです。

 

水上コテージの周りには何組か観光客がいたので、水上販売もありました。

 

f:id:aroundranai:20200105201750j:image

 

ココナッツ2つで70ペソ。

 

f:id:aroundranai:20200105201829j:image

 

 

ビールやポテチも売っていました。

 

ウニや、カニ、貝の水上販売もあると聞きましたが、この日は見当たらずでした。

 

近くにはバナナボートもあり。1回100ペソくらい。

 

 

 

帰り道:

12時ごろ〜4時ごろまで船を貸切、ビールを飲んで、泳いで、満足したところで終了。

 

シャワーなどはないので、大きな水をあらかじめ購入し、シャワーのように流しました。

 

(民家のシャワーをかりることもできるそうですが、あまり綺麗というわけでもないそうなので、、、)

 

行きと同じトライシクルに乗って、バイス中心部のバスターミナルに戻ります。

※行きのバスターミナルからは少し離れています。

 

帰りのバスは、ドゥマゲティ行きのバスに乗って帰宅です。

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミガメと遭遇率99%!? アポ島のシュノーケリング。

ドゥマゲティ留学3週目の週末は、ドゥマゲティから約1時間で行くことができる、アポ島にタートルシュノーケリングに行ってきました!

 

f:id:aroundranai:20191231113525j:image

 

 

アポ島とは?

 

アポ島とは、ダイバー憧れのギンガメアジの大群が見れ、カメ遭遇率にいたっては99%と言われています。

 

f:id:aroundranai:20191231115051j:image

 

私たちも、アポ島で5匹のウミガメと会うことができました(^^)

 

アポ島は、海洋保護区として保護されており、色とりどりのサンゴや、魚たち、透明度抜群の海が魅力です。

 

f:id:aroundranai:20191231121624j:image

 

7年連続でアポ島の年越しダイビングツアーに参加している方もいるほど、ダイバーを惹きつける島です。

 

島の大きさとしては、徒歩で歩いて周れるほどだそうです。

(今回のシュノーケリングツアーでは、アポ島には上陸していないのですが、船からみたところ、こじんまりとしたビーチと、商店が何店かあるのみでした。)

 

 

アポ島アクセス

 

アポ島は、フィリピンのネグロス島のドゥマゲティから、車で30分+船で30分で行けます。

 

 

シュノーケリングツアー

 

今回私たちは、ドゥマゲティで有名なダイビングショップのシュノーケリングツアーを利用しました。

 

「ハロルズマンション」

Harolds Mansion Hostel に併設されてある、ダイビングショップです。

 

f:id:aroundranai:20191231115825j:image

 

場所はこちら、

f:id:aroundranai:20191231115752p:image

 

こちらは、スタッフがフィリピン人のため、ツアーはもちろん全て英語です。

 

ただ、シュノーケリングで使う英語は簡単な英語のみなので、海外旅行に慣れている人は特に問題はないと思います。

 

アポ島、3回のシュノーケリング、ランチ、軽食、水、移動費、シュノーケリングマスク、ライフジャケット、フィンがついて

 

1200ペソ。

約2400円です。

f:id:aroundranai:20191231120302j:image

 

ダイビングだと、アポ島3ダイブで3300ペソ。約6600円くらい。しかも、機材や、入島料含めて。

 

f:id:aroundranai:20191231120556j:image

 

ツアースケジュール


f:id:aroundranai:20191231120602j:image

 

朝6時45分にハロルズマンションに集合。

 

朝6時でも、ドゥマゲティにはトライシクルが走っているので、移動は困りませんでした。

 

7時頃〜 シュノーケリンググッズのサイズを合わせ、デポジットとして、パスポートを渡しました。

f:id:aroundranai:20191231121901j:image

 

パスポートの代わりに、長期滞在者はフィリピンのIDカードでも大丈夫だそうです。

 

ダイビングの講習や、ファンダイブに来ている人も含めて、30人くらいのお客さんを10人くらいのスタップで捌いているのですが、

 

もちろん、みんな国籍も違うし、それぞれのツアー参加者を把握しているわけではないので、ゴタゴタと1時間くらいは出発までに時間がかかっていました。

 

これは、大きなダイブショップなら仕方がないことなのなのかな?

 

8時頃、写真のようなバスに乗り、アポ島へアクセスのいい、ダーウィンという町まで南下して行きます。約30分。

 

f:id:aroundranai:20191231122611j:image

 

ビーチから小型の船が出ていて、出発です。

 

f:id:aroundranai:20191231122741j:image

 

小型すぎて、もちろんトイレはありません。

船に乗る前にトイレは鉄則です。

 

f:id:aroundranai:20191231122737j:image

 

↑遠くに見えるのが、アポ島です。アポ島まで、船で30分。

この日は少し波があり、ジェットスキーに30分間乗っているような感じでした。

※酔い止めを飲んでおいたほうがいいです。

 

その後アポ島直前までボートで近づきますが、上陸せずに、シュノーケリング開始です。

 

 f:id:aroundranai:20191231124035j:image

 

アポ島は海洋保護区のため、4人のダイバー、シュノーケラーにつき、1人ガイドを付けることになっているため、

潜っている時もガイドさんが必ず近くにいます。

 

そして、亀を見つけると、

「カメー」と大声で叫んでくれます。

日本人客も多いようで、日本人と分かると、日本語で話しかけてくれます。

 

f:id:aroundranai:20191231125309j:image

 

ただ、ガイドさんの泳ぐペースが早いので、水中カメラで、マクロ生物を撮ろうと奮闘しているとすぐ置いてかれます。

 

やはり、メインが亀のシュノーケリングのため、ほかの生物(魚やサンゴ)についてのガイドはなかったです。

 

途中、ウミヘビがいたり、もちろんクマノミも大量にいます。

 

f:id:aroundranai:20191231125149j:image

シュノーケリングのため、クマノミたちに近づけず。

 

2本シュノーケリングした後に、

昼ごはん。

 

 

パックに、フィリピン焼きそばが、殻の剥かれていないゆで卵と共に入っていました。笑

そして、当たり前に、手で食べるスタイル。

 

参加していた、ヨーロピアンの顔色がみるみる青くなる。

 

昼食後、3番目のシュノーケリングでしたが、雲行きが怪しくなってきたため、終了。

 

この日は最高気温30度で、曇ってくるとシュノーケリング後震えるほど寒かったです。ボートシュノーケリングでは大きめのバスタオルか、はおりもの必須です。

 

サービスで出してくれる飲み物もお湯ではないので、寒気との戦いになります。

 

 

最後に。

 

なんだかんだと、ツアーについて書きましたが、、、

 

海外のツアーについては、ある程度情報収して対策をとれば、より快適に参加できることもあるので、細かく書きました。

 

不便もあるけど、ツアーには参加してよかったです。

 

なんといっても、綺麗な海でウミガメと間近で泳ぐことができるアポ島。ドゥマゲティに来たら絶対おススメしたい場所でした!

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン、ドゥマゲティのChristmas。ちゃんと休むって素晴らしい。

 

フィリピンのネグロス島に3ヶ月英語留学中の、やん。です。

 

クリスマスイブは、ダーウィンにクリスマスダイブへ!

台風が来ている為、透明度はそこまででもなかったのですが(10メートル以下)、はじめてみるタテジマダイオウウミウシなど、マクロ生物をたくさん観れたので大満足でした。

 

f:id:aroundranai:20191226210219j:image

 

ダイビングについてはまたブログにしていきたいと思います(^^)

 

 

 

さて

はじめての南国でのChristmas、しかも、カトリックが人口の大半を占めるフィリピンでのクリスマスです。

 

f:id:aroundranai:20191226203200j:image

 

クリスマスまでの10日間は、留学先に併設されてあるプールサイドで毎日パーティが行われていたのに、

 

いざクリスマス当日(12月25日)になると、ほとんどの店が閉まり、

たまーに空いているレストランがあるかと思えば、大混雑で、入店拒否されていまいました。

 

※イヴは開いているが25日は開いていないお店が多かったです。

 

2019年12月25日に空いていた、貴重なお店。

In Dumaguete 

 

gabby’s restaurant   

 

f:id:aroundranai:20191226212051j:image

ダウンタウンから離れていますが、留学先のwe’ll English academy からは徒歩で10分ほど。

ここは、食べ物の当たり外れが大きいですが、

The 肉!!なメニューを頼めば間違いないです。

f:id:aroundranai:20191226203935j:image

ディズニーランドのトゥータウンのような雰囲気でかわいいです。

f:id:aroundranai:20191226203926j:image

基本アメリカンが美味しい。

手前は多分リブステーキ、奥がチキンをパリパリに焼いたものとサフラン?ライス。

しっかり、炭火焼チキンの味がしました。

 

1皿300円ほど。

 

↓いつもの営業時間。
f:id:aroundranai:20191226203918j:image

↓年末年始の営業時間。
f:id:aroundranai:20191226203914j:image

 

 

先生にクリスマスをどう過ごしたか聞くと、

 

毎年、ホームアローンを通しで見る〜

家でカラオケをしてる〜

グダグダするのが最高〜

 

など。それぞれ、思い思いクリスマスを楽しんでいたよう。

 

やはり、フィリピンの人達はクリスマスを家族と家ですごすそうです。

働かないのがノーマル。ただ、休むからといってなにか特別なことをするわけではないけど、家族が集まっている。

 

ふと物足りないように思えて、すごく羨ましくも感じます。

 

 

 

そんな私たちが食べた、クリスマスディナーはこちら!!

 

f:id:aroundranai:20191226204752j:image

 

素のインスタントラーメン。

 

最初に載せたレストランに19時30分ごろ行ったら、満席で入店拒否され、

 

仕方なくサリサリ(フィリピンのコンビニ)で麺を買って食べました。

 

f:id:aroundranai:20191226205426j:image

3袋で60円。

 

サリサリストア↓

 

f:id:aroundranai:20191226205554j:image

 

悲しみの、クリスマス。

 

 

フィリピンクリスマスの教訓

 

  1. クリスマス前に食材を買い込んでおく!!
  2. 店の最新情報はフェイスブックに載っていることが多いので、リサーチする!!
  3. もし、フィリピンの電話が使えるなら片っ端から電話をかけてみる!!ダウンタウンの海沿いの店は外国人向けなので、空いているかもしれない。
  4. 店に行くなら、夕方のピーク時間は特に人が殺到することを考える!!

 

 

ただ今、留学3週目ですが、学校が完全Christmasムードのまま、新年を迎えそうです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

ドゥマゲティ留学、第2周目。いままで勉強していた言語はなんだったんだ??

フィリピン英語留学週末メモ。

 

f:id:aroundranai:20191221224633j:image

 

フィリピン英語留学して2週間が経ちましたが、

 

「いままで勉強していた言語(英語)はなんだったんだ??」と思うことばかりです。

 

まず、発音。

 

 

LとRの発音の違い、Lはそのまま発音して、Rは頭に「ぅ」を付けて発音すると正しい発音に近くなるという情報があり、実践していましたが、、、

 

そもそもが違いすぎました。子音と母音のつながりや、子音、母音の正しい発音ができる人、ストレスの付け方を理解している人にとってはいいのかも知れませんが、、、

 

中、高校、大学1年の教養授業でしか英語を学習していない私にとって、英語の発音の授業は未知のことだらけです。

 

特に、副詞はwordsが長くなりがち

 

 

最後がlyで終わる、又は子音が連続するので、

 

苦戦しています。

 

f:id:aroundranai:20191221224802j:image

 

おそらく、フィリピン講師は発音が全く違くても理解しようとしてくれます。

 

話が弾むと、空気を読んで発音や文法が違くても、会話を優先してくれます。

 

ただ、ボキャブラリーや発音、簡単な挨拶ではビシバシ発音を指摘され、1時間の授業で1/3ページも進まないこともありました。

 

f:id:aroundranai:20191221224659j:image

 

あと、言葉で意外だったのは、photogenicという言葉は昔から使われていたというコト。

 

Instagramerという言葉とともに出来た言葉なのかと思ったら、そうではなかったそうで、

photogenicは人に対してしか使わない言葉だそう。

授業中の作文で使ったら突っ込まれました。

 

 

 

 

 

f:id:aroundranai:20191221224950j:image

 

 

Tomと私は同じ部屋で、壁を隔てて、授業を受けているのですが、授業の声は筒抜けです。わら

 

特に、冗談ばかりで笑わせてくる先生だと、

 

それぞれの先生×2名、

 

と、

 

私とTomで会話することもあります。

 

1対1の会話だと聞き取れたことが、大人数の会話だと聞き取ることが難しくなるので、

 

聞き取りの練習にもなるのかなあと、ポジティブに捉えることもできます。

 

f:id:aroundranai:20191221224725j:image

 

来週末も、留学生活のことをメモしていこうとおもいます〜(^^)

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン真夏のクリスマス。in ドゥマゲティ

フィリピン、ドゥマゲティに留学して2週間が経ちました! 

 

f:id:aroundranai:20191221154836j:image

 

 

毎日の授業が終わるたびにくたくたです。

 

フィリピンの先生は、休みが待ち遠しすぎて、木曜日くらいからHappy Thursday  !と言いますが。

 

私も水曜日くらいからHappy Wednesday !と言っています。

 

 

そんなドゥマゲティ留学2週間目の21日、ステイ先の学校のxmasパーティがありました!

 

f:id:aroundranai:20191221154646j:image

 

プールサイド貸切でxmasパーティとか、日本じゃ考えられないですよね(^ ^) 

 

パーティには先生達や、先生達の家族、友達、恋人も来ていて地元の人たちともたくさん話せました。

 

 

なんなら、パーティーを運営しているスタッフさんもめっちゃ話しかけかきて、

 

最後にはスタッフさんもカラオケ大会に参加してました☆

 

豚の丸焼き(レチョン)あり、

 

水泳大会あり、

 

ダンス大会あり、

 

プレゼント交換あり、

 

カラオケ大会あり、

 

途中でプールに入るのもありの、なんでもありのパーティでした。

 

f:id:aroundranai:20191221154650j:image

 

 

豚の丸焼きの写真は撮ったのですが、あまりにも、、、なかんじなので、載せないでおきます。

 

味は、塩っぽいさっぱりした味付けです。

初めて豚の丸焼きを食べましたが想像以上の脂の量。

 

パリパリに焼いた皮が人気だそうで、皮は即食べたられて、無くなってしまう、、、。

 

f:id:aroundranai:20191221164032j:image

 

写真上の方にあるのかレチョンです。

 

最後には骨ごと先生達がビニールやタッパに入れて持って帰っていました。脂も多くて、そのままたべるのはキツイですが、料理にでも使うのかな?

 

先生達に聞いてみようと思います。(^^)

 

 

 

 

写真中央はフィリピンのラム。

 

f:id:aroundranai:20191221154657j:image

 

グラスの中は、ワインではなくラムです。

 

タンドゥアイ ダークラム    

ほかの生徒さんが持っていていただきました。1ボトル700mlで120ペソ(240円)くらいだそうです。やすすぎる。

 

こちらはすでに、香りづけがされているラムなので甘いです。すこし、ワインのような渋みも感じます。

 

ラム自体、飲まないのでわからなかったのですが、ラムのイメージが変わるお酒でした。

これだけは言えるのは、ラムコークには合わないです!!わら。

 

 

ダンスコンテストは生徒は自由参加なのですが、授業中に、

「歌うの好き〜?」と、普通の会話をしていたらいつのまにかダンスコンサートで

歌って、寸劇をすることになっていました。

 

 

フィリピンでは女装したアナ雪のエルサが口パクで踊っている動画が有名らしく、

 

Tomが全力でエルサ役を務め、まさかのコンテスト優勝しました。

 

今思えば留学1週間目で全くしゃべれないのに、誘ってくれて、

 

一緒にストーリー考えて、

一緒に曲編集して、

一緒に曲覚えて、

一緒に衣装作って、

 

なかなかな体験でした。

 

女装するのにカツラがないからビニール袋でカツラみたいにしたけど、

ただのジェリーフィッシュだったり、

 

常に爆笑しながらやってました。

 

 

もともと全く英語が話せなくても、

 

留学2週間目でとりあえず、

 

ノンネイティブの英語に対する恐怖心は無くなってきました。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

 

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

ドゥマゲティ留学、第1週目。人生で始めて、舌が筋肉痛になりました。

ドゥマゲティ英語留学1週目が終わりました。

 

f:id:aroundranai:20191213232126j:image

 

月曜日はクラス分け

火曜日から、6時間✖️4日間 

 

Role pray. 

Speaking.

Grammar. 

Pronunciation.

Vocabulary. 

Listening.

 

をマンツーマンで受けています。

 

 

学校の敷地内にアパートがあり、先生達は、私たちが生活している部屋に来て、授業をしてくれるので、移動の手間がないのが本当に助かります。

 

ただ、部屋に冷蔵庫があるので、授業終わりに糖分摂取に走ってしまうのが恐ろしいところです。

 

 

カップル2人で留学ってどうなの?って思う方もいると思いますが、今のところ私たちには合っていたみたいです。

 

2人で個室なので、自分たちの生活スタイルは変わらずストレスがない分、勉強に集中できるのはいいです。

 

それに、部屋も仕切りがあるので、別の部屋のテーブルで勉強しています。

 

お互い無言。わら

 

ただ、お互いに勉強しているだろうなという音が聞こえるので、ヤル気になります。

 

後は、お互い違う先生のレッスンを受けているので、話している内容も違い、

 

フィリピンのことや、英語のことについてなど、役立つことは共有できるので、情報が2倍です(^ ^)

 

1週間の授業での成長は、

 

Bule berryが言えるようになったこと。←ほんと、それくらいしかできるようになってません。

 

人生はじめて、舌が筋肉痛になりました。いいこと。

 

Siriに永遠にblueberryと発音して聞き取ってもらう日々を過ごしています。

 

 

f:id:aroundranai:20191213231927p:image

 

How are you ? の切り返しのネタが面白かったり。切実に、Siriのような発音と、speaking力、ユーモアのセンスがほしい。

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

 

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドゥマゲティ 英語留学。初日〜3日目。

ドゥマゲティ英語留学3日目!

 

f:id:aroundranai:20191211200508j:image

 

初日の月曜日にTOEIC、簡単なマンツーマン自己紹介をして、教材のレベルを決め、

 

f:id:aroundranai:20191211200515j:image

 

火曜日から1日6時間授業が始まりました。

 

初日から発音がちんぷんかんぷん過ぎて、戸惑い、怒涛の勢いで、授業が終わります。

 

永遠ににI’d like a buleberry.と言っています。

LとRの発音の違いの前に、Lが全く発音できない。

 

 

そして、あれだけDMM英会話で、話す練習したはずが、

 

全く話せない&間違いだらけ

 

 

やらなかった場合を考えるともっと恐ろしいです。

 

ただ、喋れないのも、発音できないのもわかってはいたので、後は『やるのみ』

 

救いはご飯。

 

f:id:aroundranai:20191211200139j:image

 

まさかのとんかつ。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます!(^^)

AroundRu

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニノイアキノ空港乗り継ぎで、いよいよドゥマゲティ留学!

いよいよ、留学生活が始まります!

 

4年半ぶりの学生生活に戻ります。

おそろしいです。

 

毎日6時間授業に耐えられるのか。

 

ただ、それより楽しみの方が大きいです!

 

今は、マニラのニノイ・アキノ国際空港でトランジット待ち。あと5分でボーディングタイムです。

f:id:aroundranai:20191208091840j:image

 

ドゥマゲティ(フィリピンのマニラからは飛行機で1時間30分ほどでつく)は、

 

欧米人がリタイア後住みたい街ランキング2位にもなったことがある、自然豊かで、穏やかな場所です!

 

ダイバー憧れの、アポ島や

 

 

黒魔術が行われているといわれる神秘のシキホール島もあり、

 

島留学ライフを3ヶ月満喫してきます!!!

 

 

 

最後におすすめ

マニラご飯!

8cuts     

マニラ、マカティ地区にある、有名巨大ショッピングモール 『グリーンベルト3』にあります。

 

f:id:aroundranai:20191208091613p:image

 

トランジットで、マニラのマカティに1泊したついでに行きました!

 

1週間ぶりのジャンクフード!!!

f:id:aroundranai:20191208091332j:image

 

手前、チーズバーガー1つ269ペソ。約580円。

ふわふわバンズと、肉汁が滴る系のパティで大満足でした!

 

サイズはそんなに大きくないです。(マックのビックバーガーくらい)ただ、ヘビーなのでお腹一杯にはなります(^^)

 

f:id:aroundranai:20191208093613j:image

 

8cutsの名前の由来は、beefの8つの部位をブレンドした肉をそれぞれのハンバーガーに合わせてブレンドして提供しているところから来るそう。

 

心なしか?piggy burger (食いしん坊)を注文した、Tomのバーガーの方が肉汁が滴っていました。

 

外観もカッコいい。
f:id:aroundranai:20191208091327j:image

 

ハニーバターをつけて食べるフライドチキン。

f:id:aroundranai:20191208094253j:image

 

フィリピンでジャンクフード解禁です。

 

さて、バンコク10日間プールとジムで痩せた分、フィリピン留学でどれくらいリバウンドするかおそろしいですが、

 

また美味しいハンバーガー情報不定期更新していこうと思います!(^^)☆

 

それでは、ドゥマゲティへ行ってきま〜す!

f:id:aroundranai:20191208094645j:image

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

https://aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

バンコク豪華なマンション暮らし 10日間の出費公開!!


世界一周ですが、今はバンコクでマンション暮らし中です!(10日間限定ですが)

 

バンコクAirbnb マンション暮らしがおススメ過ぎるので、

 

この10日間の出費を公開していきます!

 

 

f:id:aroundranai:20191207000629j:image

 

aroundranai.hatenablog.com

 

ちなみに毎日こんな感じです。


毎日自炊、(10日間で3食しか外食していません)

f:id:aroundranai:20191207000940j:image


f:id:aroundranai:20191207000943j:image

(パイナップル1つ90円!)

f:id:aroundranai:20191207011340j:image

 

タイ風ハンバーグを作ったり。

f:id:aroundranai:20191207001556j:image

(デミグラスに見えるソースは黒醤油とチリソースで作りました☆)

 

ジム、

f:id:aroundranai:20191207000711j:image

 

プール。

f:id:aroundranai:20191207000903j:image

 

と、英会話漬けの日々です〜。

 

 

 

では、

バンコクAirbnb マンション暮らし10日間の出費です!

(2人分)

 

 

 

f:id:aroundranai:20191207001805p:image

f:id:aroundranai:20191207011401p:image

 

2人合わせて、

10日間で53,538円

 

予防接種のワクチン代を5580円を引くと、

 

約48000円で10日間過ごせるので

 

1日あたり、一人 約2400円です!!! 

(1バーツ3.6円として計算しています)

 

1ヶ月で考えると、2人で15万円で生活できます(^^)

 

airbnbなので、電気・水道・ガス・wifi代無料で、

 

ジム・プール・ビリヤードし放題、コワーキングスペース使い放題です。

 

f:id:aroundranai:20191207011436j:image

f:id:aroundranai:20191207011428j:image

 

最高すぎる。

 

コワーキングスペース洗練されている。

 

f:id:aroundranai:20191207011850j:image

 

しかも、高層マンションなので、暑いバンコクでも1回もGを見なかったです。

 

 f:id:aroundranai:20191207011648j:image

 

↑部屋から毎日見える夕日。

 


 

食費の中に、ティッシュや、トイレットペーパーなどを少し買い足したお金も入っています。約500円ほど。

 

でも、基本的にはペーパーやバスタオル、ハントソープ、選択洗剤も揃っているので、ちょっとした消耗品のみ買い足しました。

 

 

  

 

バンコクに来るのは3回目で、

 


1回目は、はじめての一人旅。

タイの人の優しさに触れて、この国なら住めるかも知れないと思い、

 


2回目は、世界一周のための予防接種。

バンコクすごく便利だ!と知り、

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 
3回目は、また予防接種で訪れ、

エアビーで借りたマンション暮らしをして、

バンコクに住みたい!となっています。

 

 


ちなみにこの物件、築1年1kで、高層マンションで日本円5万6千円で住めるようです。

 

 


もう、住みた過ぎる。

 

特にノマドの方、体調管理が難しいと思います。でも、ノマドこそ身体が資本。

 


世界一周も、旅も健康があってこそできるもの。

 

世界一周、旅人、ノマドって安宿に泊まって、宿を転々として、、、というイメージもあるとはおもいますが、

 


私たちは私たちなりの道でゆっくり旅していっています(^^)

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコク自炊生活、茶、緑、黄色。

サワディーカー

 

バンコク、自炊生活中です!

 

バンコクの外食は美味しいけど、量が足りないので、結局メイン+1品食べてしまいます。

 

なので、結局食べたいだけ作られる自炊の方が私たちの旅には合っているみたいです。

 

2人とも食べるのが大好きなので、

食べたいものをサーチしたら、電車を乗り継いででも食べに行ってしまうので、

 

自炊は時間の節約にもなります。わら

 

 

自炊コレクション。

 

ガパオ!一人分 約60バーツ

f:id:aroundranai:20191202130147j:image

ポークフォー  約 50バーツ 

f:id:aroundranai:20191202130336j:image

タイ風チリソース焼きそば  約30バーツ
f:id:aroundranai:20191202130329j:image

 

パッシーユダム(黒醤油)焼きそば  約50バーツ
f:id:aroundranai:20191202130323j:image

 

なんだか、青菜と肉と卵と、米か麺しかレパートリーがないので

 

茶、緑、黄色のメニューばかり。

 

いや、

味はめっちゃ美味しいです!

 

f:id:aroundranai:20191202131845j:image

 

↑このパークコンソメみたいなのが、ガーリックの味でいい感じです。

 

スープや炒め物に合います。

 

世界一周中、移動があると生のにんにくは持ち歩けない、でも、ガーリックのパンチは欲しいという方は味も整うので、便利な粉末調味料です!

 

 

 

まだまだ、自炊しました〜

 

タイ風オムライス←Tomが作りました。

約60バーツ

f:id:aroundranai:20191202131101j:image

よくある、タイのオムレツは中が白米ですが、これは中がチャーハン!!

 

Tomの作る料理は芸がこまかいです。

 

半熟のオムレツは屋台では食べられないので、自炊の特権(^o^)

 

チリソースをつけて食べます。  

 

 

シーユーダムを使った黒チャーハン。約50バーツ
f:id:aroundranai:20191202131056j:image

 

やっぱり、茶、緑、黄色。

 

 

 

トマトとか赤い食べ物を食べたくなります。

 

1回トマトを買ったのですが、皮が硬くて、酸っぱくて。

 

トマト缶は300円近くするしで、、、

 

バンコク在住の方、何かいい方法を是非教えてください!わら

 

 

早く、イタリアに行きたい!!トマトを食べたい!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

簡単オススメのパッタイソースin Bangkok

サワディーカー

 

日本の冬から逃げるように32度のバンコクに戻ってきました!

 

今泊まっているのはこちら↓

aroundranai.hatenablog.com

 

 

 

キッチンも付いていて、専用冷蔵庫もあるので食材を買いだめて、自炊生活が始まりました。

f:id:aroundranai:20191129003318j:image

 

タイの外食はほんとに安い!なので、自炊をしても、外食よりすこーし安くなるかな?

 

くらいなのですが、外食に飽きたので、自炊生活です。

 

タイ料理には飽きていないので、作るのはタイ料理。わら

 

あと、タイ料理なら食材が手に入りやすいので。

 

冷蔵庫の中が定住している人並みになってます。

f:id:aroundranai:20191129003415j:image

 

今回作ったのは、パッタイ!!

 

材料や作り方を調べず作ったなんちゃってパッタイです。

 

でも、味はちゃんとパッタイ!インスタントパッタイソースを使ったので。

 

f:id:aroundranai:20191129003318j:image

 

食材はこちら!

f:id:aroundranai:20191129150332j:image

 

ます、パッタイ麺。

パッタイ麺を探そうとしても、パッタイの麺ってどの太さだ?というところから始まり、想像がつかず、

 

結局、フォー用の麺を購入。1袋2〜3人前で、12バーツ(約48円です)日本だったら、いくらするんだろう?

 

f:id:aroundranai:20191129004001j:image

 

フォー用麺は半生だったので、軽く茹でて、、、。

 

※後で炒めるので、さっと湯がく程度で十分。

 

小ねぎ(9バーツ)とフリルレタス(19バーツ飾りで少しだけ使った)

f:id:aroundranai:20191129151749j:image

 

ニラを買ったつもりが小ねぎでした。凡ミス。

今思えば、思いっきり、根が付いている!!

 

ふつうパッタイには、生のニラやもやしが入っているので入れたかったのですが見当たらず、、、

 

野菜は残留農薬が多いとのことで、よーく洗い流して使いました。

 

まあ、農薬はいつも食べてしまってるとは思うけど。一応。

 

たまご   

f:id:aroundranai:20191129152614j:image

こちらはマックスバリューで購入、6個入りで42バーツ。意外と高い。

 

 

これを、パッタイを包む用に、薄ーく焼きます。

 

f:id:aroundranai:20191129152828j:image

 

 

 

 

味の決め手となるこちら、

 

パッタイソース!!!

f:id:aroundranai:20191129150625j:image

 

このソースもスーパーで20バーツしないくらいで、2人前だったのですが、

 

めっちゃ美味しかったです!

 

例えるなら、

 

パッタイティップサマイ(バンコクの超有名パッタイ店、ミシュランガイドにも載ったお店)

 

のような甘ーい味付けです。

 

パッタイティップサマイについてはこちらの記事も見てみてください!

 

aroundranai.hatenablog.com

 

しかも、付け合わせのピーナッツがこれでもかというくらい入っていました。

 

裏にはレシピ付き、でも、読むのが面倒だったので読まず。

f:id:aroundranai:20191129151457j:image

 

これを、茹であげたフォー麺を強火で炒めているところに投入し、

 

ネギ(ニラが良かった。)も投入!

 

ソースが少し甘めの味付けだったので、日本から持参した醤油を投入!!

 

f:id:aroundranai:20191129151709j:image

 

皿に盛り付けて、先に作った卵で包みます。

 

f:id:aroundranai:20191129152937j:image

 

出汁として、エビが入るとすごく美味しいのですが、

 

エビはちょうどいいのが売っていなかったので、

 

屋台で買ったムーピン(タイのやきとん)を乗せて、完成★

 

f:id:aroundranai:20191129153217j:image

 

お好みでピーナッツを絡めながら食べます。

 

f:id:aroundranai:20191129153255j:image

 

2人前で100バーツ、屋台で食べるのと同じくらいの値段ですが、

 

 

日本でタイ料理を作ろうと思うと倍以上かかるので、大満足!!★

 

 

 

バンコクに来てからは、エアビーで借りたマンションで生活しています。

 

1日2食は自炊、プール、ジム、英会話の日々。

 

f:id:aroundranai:20191129153933j:image

 

最高すぎる。

 

f:id:aroundranai:20191129154146j:image

 

3週間ほど旅に出て、外食が続き、運動不足にもなっていたので、ここでリセット!!

 

生活しながらの旅により近づいてきました(^^)

 

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

 

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブ留学前にDMM英会話ってタメになる?

こんにちは!

 

今ちょうど世界一周再開のために、成田空港に向かうバスの中です。

 

次に訪れるのは、バンコクです。

 

はい、またバンコクです。

バンコクでは、半年前に接種したA型肝炎の追加接種と、前回品切れで打てなかった腸チフスを打つ予定。

 

私たちの予防接種については、こちらの記事をご覧ください〜

 

aroundranai.hatenablog.com

 

 

さて、今日の本題。

2019年12月9日からフィリピン留学に行くので、TomとDMM英会話を始めました!!

 

f:id:aroundranai:20191127141258j:image

 

いきなり、英語留学に行っても全く喋られる気がしなかったので。

 

 

 

まず、私たちの英語力について。

 

f:id:aroundranai:20191127141332j:image

 

2人とも英語はほとんど喋られません。

 

最低限のバスに乗ったり、買い物をしたりはできますが、、、

 

これまでのバンコクハノイの旅はノリとカタカナ英語で乗り越えてきました。

 

私やん。は2ヶ月前に始めてTOEICを受けて、パート6.7はほとんど塗り絵の試験になるくらいの英語力です。

 

他のパートもほとんど勘で答えています。

 

 

 

私たちの受けている授業は?

 

現在始めてから2週間、1日25分の授業を1コマ受けることができるコースにしています。

 

f:id:aroundranai:20191126090338p:plain

 

今まで受けた授業は合計、375分。

コマ数としては15コマですが、1コマは半年以上前に無料お試しで受けた授業です。

 

私はノンネイティブの講師のみ受講できるコースの

 

『スタンダード毎日1レッスンコース』を受けています。

 

※ただし、日本人の講師は選択できません。

 

料金は、1ヶ月6480円で、毎日25分のレッスンが受けられます(税込.2019年11月現在)。

 

1レッスンあたり、209円で授業を受けることができます!

 

 

Tomは『プラスネイティブプラン』に申し込んでいます。

 

このプランは、英語を母国語として話すアメリカやイギリスの講師と、日本人の講師も選択できます。

 

料金は、

1ヶ月15800円で、毎日25分のレッスンが受けられます(税込.2019年11月現在)。

 

1レッスンあたり、510円で授業を受けることができます!

 

 もともと破格のDMM英会話を半額で受講する方法。

 

さらに、Yahoo!JAPANが提供している「デイリーPLUS」で発行したクーポンコードを入力すると、半額キャンペーンを利用すると、

 

初月のみ月々3240円、1日あたり約105円で、授業を受けることができます!!

 

※ただし、『スタンダード毎日1レッスンコース』のみのようです。

 

 

DMM英会話はどんな人に合うか?

 

f:id:aroundranai:20191127141735j:image

ハノイ滞在中から始めて、日本一時帰国後も2週間毎日授業を受けていたのですが、

 

一昨日、昨日は急な食事会が入りキャンセルしました。

 

毎日続けるって、社会人には少しハードルが高いかもしれないです、、、。

 

特に仕事の終わる時間が読めない人や、急な飲み会がある方。

 

毎日続けていると、前日よりもっと話せるようになりたい、こういうフレーズを使おう等モチベーションを保ちやすいですが、

 

1度キャンセルしてしまうと、モチベーションを保つのが大変です。

 

私の場合まだまだレッスンを始めた初心者なので、2日レッスンを空けると

『英語が出にくくなったな』と感じます。

 

値段が安いからこそ、高いお金を払っているんだから頑張らなければ、、、というプレッシャーもないです。

 

つまり、自分がどれだけコツコツ毎日授業を受けることができるかにかかっていると思います。

 

 

 

DMM英会話を留学前に始めて良かった理由

 

私たちはセブ留学1ヶ月前からDMM英会話を始めました。留学に行ってもいきなり話せる気が全くしなかったので始めました。

 

正直1ヶ月のレッスンで変わるかはわかりませんが、やらないより絶対にやっておいた方がいいです!

 

なぜなら、

  • 自分の英語の話せなさを知ることができる。

 

f:id:aroundranai:20191127141953j:image
 

これは、もちろん自覚があったのですが、想像以上に話せませんでした。  留学を始めてから落ち込む前に1回落ち込んで、英語学習に対するやる気がでたのは良かったです。

 

  • 自己紹介の練習をできる。

セブ留学でも、どこの留学でも自己紹介って必ずやると思います。

 

でも、いきなり入学初日に普段話し慣れていない自己紹介を英語でするって不安があると思います。

 

DMM英会話では、レッスンの前に自己紹介をする時間を作ることができるので、いい練習になります。

 

ちなみに、自己紹介は1回5分程度のことが多いです。レッスンの予約時に自己紹介をするか、自己紹介無しでレッスンを行いたいか選択できるので便利です。

 

自己紹介って、私はどういう仕事をして、なにが好きで、、、っていうだけじゃなくって、

意外と自己紹介をつなげる言葉も重要だとおもいます。

 

例えば、自己紹介を終える時は

 

『簡単に言うとこんな感じです。聞いてくれてありがとう』

 

自己紹介を相手がしてくれたら、

 

『自己紹介してくれてありがとう』

 

や、『次はあなたについて教えて下さい』

 

とか、繋ぐ言葉が必要になると思います。

 

わかりそうでわからない言葉とかがたくさんあります。

 

プラス、先生たちは生徒の自己紹介に興味を持っていろいろ質問してくれるので、

 

基本、会話が弾む。

 

質問にうまく答えることができなかったら、また次の授業で自己紹介をして、その時は考えた答えを話す。

 

それだけでも、日々少しずつ表現を増やすことはできると思いました。

 

  • 授業で海外旅行で役に立つ表現を練習して、そのまま使うことができる。

これは、海外在住や、長期旅行に行っている人に特におススメです。

 

会話教材に沿っての授業では、

 

買い物で値段を聞いたり、道案内や、飛行機のチェックインなど、1対1でロールプレイしながら学習できます。

 

もちろん、ビジネスシーンのロールプレイもできます。

 

先生たちは、生徒の英語力に合わせてロールプレイの難易度を調節してくれるので、自分に合ったレベルで授業を受けられるのもいいです。

 

そして、そのまま現地で授業内容を実践できる

!!

 

 
使う機会がないといくら覚えたつもりでも抜けてしまうので。

 

私も日本では、海外で役立つ英会話フレーズ集を覚えようとしたのですが、なかなか身に付かなかったです。

 

実際に授業で使ったフレーズの方が何倍も頭に入ってきます。

 

  • 質問の仕方がわかるようになる。

 

f:id:aroundranai:20191127200312j:plain

授業を受けて思ったのは、自分から質問ができないと、出来るのでは格段に授業の充実度が違うということです。

 

先生たちは拙い英語にも慣れているので、何となく伝えたいことを理解しようとしてくれます。

 

ただ、本当に伝わっているのか?

 

もっとよい表現はないか?

 

モヤモヤすることもあります。

 

そんな時に、質問する英文さえ思いつかないと、

 

そのままどんどん授業が進んでいってしまうので、

 

質問の仕方を覚えるのが重要になると思いました。

 

 

海外でもDMM英会話を受けることはできる?

 

f:id:aroundranai:20191127200529j:image

 

DMM英会話はネット環境さえあれば、基本的に海外からでもレッスンを受けることが可能です。

 

ハノイでは映像も音声もクリアで、問題なく、フィリピン、日本の先生と授業できました。

 

日本に帰国してからは、おそらくフィリピンの先生の自宅のネット環境が悪く通信が1回途切れたことはありましたが、すぐに通信再開できました。

 

 

ただし、DMM英会話のホームページの設定時間が基本的に日本時間になっていると思うので、時差を考慮して、レッスン予約をとる必要があります。

 

私たちは3ヶ月のセブ留学が終わった後も、勉強の意味でDMM英会話は続けていこうと思っています!

 

 


次回は、私たちはそれぞれのフィリピン人の先生、日本人の先生のレッスンを受けているので、それぞれの違いについて記事にしていこうと思います〜

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

 

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

ハロン湾に行くならシンツーリストオフィス?!

 

こんにちは。

 

日本に帰ってきてから4日が経ちました。

月並みですが、日本快適すぎです。 

そして、帰国3日で、アカギレ発症。

東南アジアは湿度があるから、帰国後も油断していました。

乾燥が気になる私は一年中南国にいたいくらい。

 

 

今日はハノイから日帰りで行くことができる、ハロン湾に行った時のお話。

 

ハノイではハロン湾に行くのに、有名なシンツーリストオフィスを使いました!f:id:aroundranai:20191121154947j:image

申し込みをしたのは、旧市街にあるオフィス2です。

 

場所はこちら、

f:id:aroundranai:20191121170935j:plain

 

こちらのシンツーリストオフィス、類似点がハノイ内にいくつもあります。

 

私は10店舗以上の偽シンツーリストオフィスを見つけました。

 

シンツーリストオフィスの評判が良く、パクリ店が増えたようですが、

 

パクリ店の隣にパクリ点があったり、なかなか高度なテクニックを使ってきます。

 

f:id:aroundranai:20191121160927j:image

↑これは偽物。マークも全く同じで、20mくらいの道に6件ほど類似点があるので、本物を見つけるのは大変でした。

 

本物はハイランズコーヒーの隣で、

f:id:aroundranai:20191121161202j:image

看板に書いてある電話番号を確認すると間違い無いと思います!

こちらが本物の看板

f:id:aroundranai:20191121161519j:image

 

f:id:aroundranai:20191121154953j:image

私たちが参加したツアーは6時間ハロン湾に滞在したツアーです。

一人112700ドン。約5200円くらい。

バンブーボートもしくはカヤックに乗る料金込み。ハロン湾クルーズしながら、シーフード昼食付き。

 

ハロン湾滞在4時間のプランは約4500円で、あまり変わらず、せっかくならと、6時間滞在プランにしました。

 

高速道路を使って行くプランのため、4時間プランと出発・帰宅時間もあまり変わらず6時間滞在できるということでした。

 

 

ただ、私たちの時は7時50分にオフィスの前に集合するように言われたのに、バスがなかなか来ず、出発したのは9時ごろでした。

 

滞在時間は4時間くらい、、、。

 

結局、ツアーが終わって思うのは、ハロン湾では景色をゆっくり眺めたりするだけで十分なので4時間プランでもよかったのかな?という感じはします。

 

バスの中は広々、快適でした。

2つのバスに分かれてハロン湾に向かい、私たちのバスは15人くらい乗っていて広かったのですが、もう一つは8人乗りくらいのバンでした。

f:id:aroundranai:20191121163521j:image

 

 

昼食の様子。

f:id:aroundranai:20191121162608j:image

揚げ春巻きはふつうに美味しかったです。
f:id:aroundranai:20191121162601j:image

エビは海が下ごしらえして、海水でそのまま茹でたお味。海の味がしました。
f:id:aroundranai:20191121162605j:image

生姜の効いた魚1匹。

 

この後、チキンの野菜炒めと、イカの野菜炒め、

 

キャベツだけの謎の野菜炒めが出てきました。ボリュームはすごいです。

 

パクチーや辛味はほとんどなかったです。多国籍なツアー客に合うようになっているよう。

 

f:id:aroundranai:20191121163958j:image

肝心のハロン湾、スケールが大きく全然写真に写り切らなかったです!

 

ツアーでは洞窟や、

f:id:aroundranai:20191121164726j:image

ちょっとしたビーチ(江ノ島より水が濁っている)にも行きましたが、

 

一番良かったのは、帰りの船からの景色でした。幻想的なベビーピンクの空。

17時ごろ、ちょうど夕日が陰るところも見ることが出来ました。

f:id:aroundranai:20191121164506j:image

 

ハロン湾の船乗り場から観光場所までは片道1時間ほど船に乗るのですが、このクルーズが一番の見どころでした。

 

ハロン湾船乗り場についた頃にはもう真っ暗。

f:id:aroundranai:20191121165026j:image

 

結局苦労して見つけ出したシンツーリストオフィスでしたが、出発が遅れ、予定の観光時間よりは短かったです。

 

まあ、海外あるあるだとすませてしまう、それができないなら日本旅行代理店のツアーに参加するのがいいと思います。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

 

aroundru.hatenablog.com

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周20日目にして、一時帰国します!

シンチャオー

 

現在、ハノイのノイバイ空港に向かう86番バスの中です。

 

86番バスは他の市内に向かうバスのように電光掲示板で行き先や番号を表示していなかったので、危うく乗り逃すところでした。

f:id:aroundranai:20191117220318j:image

内側から撮影した写真。

 

世界一周一時帰国はもともと予定していたものでした。

 

法人用口座や、法人用クレジットカードが出来上がるので、受け取りが必要なので。

 

旅の面でも、必要物品を足したり、要らないものを置いて行ったりしていきます。

 

1週間滞在したら、また出発です。

日本が生活の中心じゃないのが不思議な気持ち。

 

 

10月29日〜11月18日(明日の朝に成田に到着なので)20日間のバンコクハノイ旅。

 

世界一周の助走期間でした。

 

バンコクは2度目の旅行で、前回訪れたのは2016年の11月、チェンマイにも行きコームロイに参加しました。

 

f:id:aroundranai:20191117222501p:image

 

バンコクはその時より、より便利で、旅をしやすくなった印象。

 

 

例えばgrab、SIMカード、これらは今回の旅で初めて利用したのですが、本当に便利。

 

2人旅だと特に重宝しました。ちょっとした移動だったら、バンコクBTSを使うより、grab の方が安価なこともあり。

 

grab が増えたからなのか、トゥクトゥクの客引きも減ったように感じました。

 

これは、前回女一人旅で行ったので、余計カモと思われて声を掛けられたのも有るとは思いますが、トゥクトゥクの数も明らかに少なかったです。

 

あと、バンコク市街地のトイレで、ここは汚いなと、無理だなと思うような場所もなく、、、

 

デパートのトイレには1箇所のトイレに常に1人の清掃員さんがいました。

f:id:aroundranai:20191117223553j:image

 

これはアイコンサイアムの中のトイレ、まるでデ○ズニーランド。

 

オシャレすぎて、蛇口の位置がわからないジャパニーズになっていました。

 

f:id:aroundranai:20191117225606j:image

 

全てが便利になるといい事だけではないのかも知れないです。

 

少しの不便があったくらいが、冒険があったくらいが旅をしている思う人もいるかも知れません。

 

例えばGoogleマップが有ると、道を誰かに尋ねなくても目的地まで行くことが出来てしまう。

 

その分、出会えた、交流できたかも知れない人と出会うチャンスを失ってしまったかも知れないとは思います。

 

だからこそ、自分たちがどれだけ積極的に人と関わることができるかどうかで、これからの世界一周の充実度が変わってくると、正直危機感を感じました。

 

 

それでも、世界中がどんどん便利になり、旅行に行きたいな、世界を知りたいなと思った時のハードルが格段に下がってきていることは素晴らしいことだと思います。

 

私みたいな、年に1回海外旅行に行くのが楽しみだった年1トラベラーでも、

 

思い立ったら、『世界一周にいける』世の中になっているということです。

 

そして、その国に住んでいる人達の暮らしも良くなってきているから、いろいろな観光事業が成り立っていて、街並みも綺麗になってきている。

 

f:id:aroundranai:20191118000547j:image

 

もちろん今回旅をしたのはバンコクハノイの都市、しかも短期間しか滞在していません。

 

 

地元の人達の話を何十人も聞いた訳ではないし、私が個人的に感じたことです。

 

それでも、目に見える形で世界が変わっているってすごいことだなと思いました。 

 

こんな風に感じたのは、

『FACT FULNESS』という本を読んだのも影響しています。

f:id:aroundranai:20191117232332j:image

 

公衆衛生の観点から、統計を用いて世界がどのように変化しているのかが書かれているのですが、

 

思い込みや無知、防衛本能によって、考えることのできないことがたくさんあるということも述べていて、ふとした時に読み返したい本でした。

 

 

f:id:aroundranai:20191117231242j:image

 

↑写真はバンコク在住ノマドに人気のコワーキングスペース、『AIS DC』

 

バンコクっ子だけじゃなく、他のアジア圏、欧米からの人もちらほらいました。

 

旅がしやすく、インターネットでいつでも繋がることができる時代の世界一周ってどんな感じなんだろう?

 

そういったことも、ブログでこれから発信していけたらと思います(^^)

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^)

一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!